デッキヒーローズ-本格派戦略カードゲーム-

デッキヒーローズ-本格派戦略カードゲーム-

価格:無料 iPhone/iPadに対応

世界中にユーザー多数!本格派戦略カードゲーム!

オートプレイ搭載で隙間時間にも楽しめる!

50vs50の大型ギルドバトルも楽しめる!

4.5

(2)

618

運営日数

知恵・思考・戦略が鍵のバトルシステム:デッキヒーローズ特集②

知恵・思考・戦略が鍵のバトルシステム:デッキヒーローズ特集②

前回のレビューから少し時間があいてしまいましたが、リリース目前!のデッキヒーローズのレビューをお届けします。今回は第二回。基本的なゲーム進行とバトルシステムについて。前回の記事はこちら→いよいよ日本上陸!最強カードゲーム デッキヒーローズ特集 ①基本的なゲーム進行ゲームのメインシナリオである「クエスト」は「1−1」からはじまり、「1−2」「1−3」と順番にステージをクリアしながら次のマップを目指すもの。各ステージにイージーからハードまでの難易度が用意されており、ハードはより報酬が大きい。やりこみ要素といったところか。クエストの進行状況と、プレイヤーレベルに応じて利用出来る施設が増えていく。新しく開放される施設にはカード強化や進化を有利にしていくものがあるので、できるだけ早く施設開放を行いたい。前回にも紹介したが、何も考えずにカードを並べるだけではすぐに限界が来る。ステージで詰まらずにすすめるためにもプレイヤーレベルと手持ちカード育成をしっかり行いながら進めたい。この手のゲームの場合は序盤をちょろっとすれば大抵の機能が開放されるものだが、デッキヒーローズではそうはいかないのだ。まだ秘密にしておきたい施設はぼかしを入れている。これらは次回以降紹介していくので、お楽しみに。カードバトルの基本はデッキの組み方とカードの切り方バトルでは手持ちのカードと相手のカードを見比べて、順番やタイミングを考えてデッキにセットしていくのが基本。画面中央の上下にはそれぞれのクリーチャーが。そして左端の上下にヒーローを設置する。ゲームの勝敗はクリーチャーを全滅させるか、ヒーローを倒すかの2つ。序盤ではクリーチャーを無視して相手のヒーローを倒してしまうというのは難しいようだが、手持ちのカードが強くなるとそれも可能になるのだろうか?バトルでは種族による相性、デッキに並べるカードの順番、そしてそれぞれのカードが持つスキルの組み合わせを考えて戦うことになる。変数になる要素が多いため、特定のカードを強くするだけではバトルに勝てない。またそれぞれのカードには「ターン」の要素もありこれがまた頭を悩ます要因になる。組み合わせの相性人族:魔族に強い魔族:精霊に強い精霊:蛮族に強い蛮族:人族に強いクリーチャーの持つスキル形態・攻撃型・補助型(攻撃力アップ、守備力アップ等)・状態異常型(毒攻撃)・回復型個人的に好きなデッキ編成は、攻撃までのターンが長いけれども、一撃必殺の攻撃力を持つカードを軸に、補助(攻撃力アップ)と回復(HP回復)を入れて主力カードを守りつつ、最後にためにためた力でドーン!といった戦いかたが好きだ。PvsPなどの場合には、守備力の高いクリーチャーと補助役(防御)、回復役、そして状態異常(毒攻撃)のスキルを持つカードでデッキを編成し、じわじわと首を締めるような戦い方もこれまた良い。カードの強化と進化カードのレベルは0から始まる。手持ちのヒーロー、クリーチャーのレア度を見ながらどのカードを育てていくのかを吟味する必要はあるが、いらないカードをどんどん食わせていくのが基本。もちろん、レベル上げ用のカードも用意されている(名前もそのままEXPカード)。カードレベルの上限はプレイヤーレベルともリンクしているので、バランスよくステージもクリアしていかないと手持ちのカードも強くならない。カードの強化と進化の効率の良い方法についてはまた次回以降にでも紹介したい。(ステージをある程度まで頑張ってすすめるといろいろな機能が開放されるのだ。)次回予告。施設がたくさん!次回は基本ストーリー以外にも用意されているやりこみ要素やその他の機能、そして進行状況に応じて開放される補助施設について紹介予定。【特典付き!】Twitterアカウントをフォローして事前登録しよう!下記のボタンからTwitterのデッキヒーローズ公式アカウントをフォローして頂くだけで、事前登録特典である、「ジェム150個」+「ガチャチケット2枚」をプレゼント!!フォローしにいく!(作成者:トリセツ編集部)

2015-09-09 18:00

いよいよ日本上陸!最強カードゲーム デッキヒーローズ特集 ①

いよいよ日本上陸!最強カードゲーム デッキヒーローズ特集 ①

リリース以降、その話題が急速に広がり世界18カ国でカードゲーム1位を獲得。今や700万人以上がプレイする人気カードバトルゲームの金字塔デッキヒーローズ。その日本語版が株式会社VOYAGE SYNC GAMESからついに近日リリースされる。これに先駆け、事前登録が開始された。そこでトリセツではいち早くリリース前情報や運営会社インタビューなど、楽しみな情報や攻略情報を複数回に分けてお届けする。4種族が入り乱れてバトルするダークファンタジー系ゲームデッキヒーローズの世界観は人族・魔族・精霊・蛮族の4種族が登場するダークファンタジー。ゲームシステムはカードバトルシステム。誰もが好きなジャンルではなさそうだが、意外にこの世界観にどっぷりハマるユーザーは多い。ゲームの雰囲気は動画でご覧いただきたい。実際、先行してプレイしている外国のユーザー層を見ると一度ハマってしまうと長期間プレイし、カード収集とデッキの強化に熱心になるユーザーが多いそうだ。また、デッキヒーローズではユーザー同士のバトル(コロシアム)やレイド戦、ギルド機能(※リリース後に実装予定)なども準備されている。単にカード強化とストーリ進行だけでなく、たくさんの遊び方がありしばらく飽きることがなさそうだ。ダークファンタジー×カードバトルという組み合わせのスマホゲームが日本では少ないだけに、そのリリースが待ち遠しい。張り巡らせるは知恵・思考の戦略的カードバトル。ゲームの中核となるのはカードバトル。対戦相手に合わせたデッキの組み方とその手札の切り方が勝利には不可欠。実際、レア度の高い強化したカードを複数枚用意してもそれらを単純に並べて戦うだけではゲーム序盤ですら勝てない。どのようなゲームでも序盤であればゴリ押し勝利できるものなのだが……。カードバトルは次回以降に詳細を紹介するが、概要だけお伝えすると、デッキにヒーロー1体とクリチャー複数体を並べて勝負に挑む。ゲームの勝敗はヒーローがやられてしまうか、クリーチャーが全滅するかの2つ。つまりヒーローが負けてしまうとクリチャーが残っていても敗北となる。ここにも妙味がある。デッキの組み立てと手札の切り方における考慮すべきポイントは種族とスキル。これを相手の手札を読みながら行うところにある。このあたりのコツも次回以降お伝えしていきたい。事前登録は登録数に応じて報酬アップすでに開始されている事前登録をすると、事前ガチャができるだけでなく、登録者数に応じて貰える報酬がアップしていくようだ。いまのところ事前登録数が10万を突破するとガチャチケットが3枚配られるようなので是非登録して欲しい。8月18日時点のアドウェイズの提供する「予約トップ10」の週間ランキングでは人気タイトルを抑えての1位。これからどこまで伸びるのだろうか。事前登録はこちらから!(予約トップ10)↓↓↓デッキヒーローズ/無料「予約トップ10」で事前予約※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!次回予告次回は基本的なゲーム進行の流れとバトルシステムについての記事を掲載する予定。お楽しみに!(作成者:トリセツ編集部)

2015-08-18 18:55

上部へ戻る