5K Runmeter GPS 歩数計 - ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング

5K Runmeter GPS 歩数計 - ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング

価格:無料 iPhone/iPadに対応

まずは5キロ!ここを目標にしたトレーニングアプリ

歩数や距離、速度などをアプリが自動で記録しグラフ化

トレーニング中に必要に応じて作動するアナウンス機能あり

0.0

(0)

1857

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

ストア情報

最初の 5km レースを完走するところから、実績のある Runmeter GPS の機能をベースにしたフィードバックとともに、より遠くへ、より健康に、そしてより健やかに生活するためのサポートを致します。

5km のトレーニングに限定されたアプリを購入する必要はありません。5K からマラソンまで - Runmeter GPS では以下の様なプログラムが提供されます :
• Runmeter は時間、位置、距離、高度、そしてスピードを記録し続けます - 数年分のワークアウトの記録でも、数曲分の容量しか必要としません。スクリーン上から、イヤホンを使って、または自動停止検知機能により記録のスタートとストップを行います。Wahoo Fitness のセンサーアクセサリーを別途お求めいただく事で、心拍数や自転車のスピード、そしてペダルペースを記録することができます。

• 異様な程に完成されたキラーアプリ - Wired
• 大量のデータを記録 - Macworld
• クリーンで簡単に使えるアプリ - New York Times

無料バージョンにて主要な機能へアクセスし、Elite へアップグレードすることでパワフルかつ高度な機能がアプリへ追加されます (Elite の機能は * にて示されます)。

iPhone での動作
• 必要なだけワークアウトを記録し続けます - 数年分のワークアウトの記録でも、数曲分の容量しか必要としません。
• ウェブサイトへのログインは不要。
• スポーツ時計をスワイプすることで、統計情報やマップ、グラフなど、カスタマイズ可能なページを表示。
• ワークアウトをカレンダーに表示して、ルートやアクティビティーごとに管理。
• 日や週、月、年、そして全体の統計情報の概要を表示。
• iCloud 上にある最新のデータから、ワークアウトの結果を iPad で確認。*

トラック
• イヤホンのリモコンにより記録を開始または停止することができます。*
• 自動停止検知機能により、停止している時間を記録から外すことができます。*
• 別売のセンサーにより心拍数やバイクの速度、ペダルスピードやパワーを記録できます。*

聴く
• 距離や時間、スピード、高度、心拍数など、120 以上ものアイテムから、必要なアナウンス項目を選択。*
• 指定した時間や距離インターバルごとに統計情報を自動的に再生できるほか、イヤホンのリモコンを使ったオンデマンドのアナウンス再生。*
• Twitter や Facebook、dailymile 上の友人やフォロワーからのコメントを再生。*

レース
• 過去に行ったワークアウトに対してライバルとして使用。
• 仮想ライバルをマップやグラフで確認。
• 他の人のワークアウトをインポートして使用。*
• アナウンスによりライバルとの差をリアルタイムで確認。*

プラン
• 5km、10km、ハーフマラソン、そしてフルマラソンへのトレーニングを行うためのプランを同封。*
• 独自のトレーニングプランもデザイン可能。*
• プランを iPhone のカレンダーやオンラインのカレンダーと同期。*

トレーニング
• サイクリング、ランニング、ウォーキング、スケートなどのアクティビティーもサポート。*
• 数多くのカスタマイズを行うことができるインターバルトレーニングや範囲、ターゲットとともにワークアウトの記録。*
• 繰り返されるインターバルやピラミッド型のインターバル、または時間制限ワークアウトをセットアップすることができます。*
• 範囲内にとどまるためのアナウンス。*
• 分割やインターバル範囲のパフォーマンスを分析。*
• 様々なアプリケーションやデバイスで利用できる、高度なバイクパワーメーターのサポート。*

共有
• 電子メール、Facebook、Twitter、Strava そして dailymile にてワークアウトをオンラインで共有。*
• 自分の位置や成長過程を家族や友人へ自動的に通知。*
• 家族やコーチ、友人からの返信をテキスト読み上げ機能により再生。*
• ワークアウトのカレンダーを友人やコーチと共有。*

インポート/エクスポート
• GPX、TCX、FIT、または KML へのリンクから、またはメールや Safari で開いたファイルによりルートや仮想ライバルをインポート。*
• 詳細な情報が含まれる CSV、GPX、TCX、FIT、または KML ファイルをエクスポートすることで、マップ、グラフ、ソーシャルフィットネスサイトにて利用。*

サイクリング、ランニング、ウォーキング、スキー、スケートなど…
• Cyclemeter、Runmeter、Walkmeter、そして 5K Runmeter は同一のコアコンポーネントから構成されています。
• 各アプリではすべての機能やアクティビティ、プランがサポートされます。

GPS 機能が搭載されていない iPod touch はサポートされません。GPS を使用し続けることで、バッテリーの残量が劇的に減ることがあります。

バージョン10.6.11の新機能

• デバイスサポートの改善
- 新たなペアリング UI では、ペアリングを行うことのできる全てのデバイスが同時に表示されるようになります。
- ペアリング中のライブアップデートにより目的のデバイスを簡単に選択することができるようになります。
- デバイスの順序を変更することで優先順位を指定することができます。
- バッテリーのレベルが表示されます。
- シグナルの強さが表示されます。
- ファームウェアアップデートが利用可能か表示されます。
• パワーメーターサポートの改善
- PowerTap P1 ペダルといったデバイスに対して、右側と左側のパワーメーターがサポートされるようになりました。
- パワーコンポーネントを右側、左側、または全体に指定するための設定がパワーモードに追加されました。
- パワーコンポーネントのスケール化を行うための設定が追加されました。
- ワークアウトの最中に右/左のバランスを記録できるようになりました。
- バランス情報が FIT エクスポートの中に加えられるようになりました。
- パワー出力 (kJ) のサポートが統計情報に加えられました。
• 同じタイプのセンサー間の切り替えを素早く行うことができるようになりました。接続が一旦切断されるのを待つ必要はありません。
• バランスとパワー出力 (kJ) を含めることができるようにパワー統計情報ページが更新されました (ページを追加することで変更を確認できます)。

上部へ戻る