夜景撮影 レンズ Ⅱ notepad

□アプリの内容
 スマホで撮影するのではなくミラーレス一眼、デジタル一眼レフ等の普通のカメラが前提で夜景撮影に使用するレンズの説明です。

あべのハルカスを被写体として超広角、広角、標準、望遠レンズで撮影したときの画角を夜景実写撮影に基づいたSimulationを公開しています。
カメラは、今話題の「SONY α7R」「SONY α7S」を使用しています。

撮影時に悩むのがこのレンズで全て画角が撮影するとなるとレンズを揃えなければならず、また持ち運び重量がかさみ中々無理があります。
ある程度の撮影時の画角予測ができればと思い「300mの高さのあべのハルカス」を尺度として5本のレンズの焦点距離をサンプルにしています。
300mの高さに関しては花火撮影等(花火尺玉 10号玉)にもレンズ選択の判断になるかと思います。また「高さ = 距離」としても大きさが判断できると思いますので推測の判断としては十分だと思います。
このSimulationから得られた情報を参考にし本番撮影前の知識習得メモとして活用していただければ幸いです。また、特徴としてカメラ機能(一部分)について見た目で理解しやすいようにアクション(動く)にて説明しています。

夜景撮影 レンズ Ⅱ notepad

夜景撮影 レンズ Ⅱ notepad

無料

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

似ているアプリを特徴から探す

  • キーワード表示
  • リスト表示