LensAgent Pro

LensAgent Pro

価格:無料 iPhone/iPadに対応

3つのフォーマットをお試し!カメラレンズアプリです!

カメラのレンズを替えるだけで新しい映像の世界に(^^)/

今なら3つのカメラフォーマットを全て試すことができます♪

0.0

(0)

273

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

ストア情報

--------------
初期状態で3つのカメラフォーマットが搭載されており、全ての機能をお試しいただくことができます。
機能に納得いただけたらアプリ内課金にて「全てのカメラフォーマット」をご購入ください。
「全てのカメラフォーマット」は、約560のプリセットと無制限に作れるカスタムフォーマットで構成されています。
プリセットのカメラフォーマットの詳細はアプリの購入画面に明記してありますのでご確認ください。

•全てのカメラフォーマット 1年間 960円 (自動更新)
---------------

アプリの説明
このソフトは撮影を行う上で、その撮影時、ロケハン時、打ち合わせ時にレンズの選択をサポートするためのアプリケーションソフトです。
必要なレンズの焦点距離を割り出します。

3つのモードを搭載しています。
○ライブビューモード
○キャプチャービューモード
○距離換算モード


さらに各モードには、
○ズームレンズドライブモード
○単焦点レンズドライブモード
の2つのドライブモードがあります。



○ライブビューモード
内蔵カメラのライブ映像を見ながら画面上のスライダー(ズームレンズモード時)またはボタン(単焦点レンズモード時)を操作しズームさせる事により、求めるレンズの焦点距離を計算します。
アナログのアングルファインダー的な感じです。

○キャプチャービューモード
「ライブビューモード」においてシャッターをきり画像を取り込んでから操作するモードです。
「キャプチャービューモード」はオリジナルのフル画質で表示されるため「ライブビューモード」より遥かに高解像度で、取り込んだ画像なので手ぶれもありませんからかなりの望遠域までカバーします。
望遠域のアングルを確認するにはこのモードが適しています。

○距離換算モード
このモードは、カメラの画像は使わずに代わりに被写体までの距離を入力する事により必要な焦点距離を求めるモードです。
視覚的にわかりやすくするために人物のCGが連動して拡大縮小するようになっています。
打ち合わせ時などで有効ではないでしょうか


○取込んだ画像の保存機能もありますので、あとで画角の再確認ができます。

○方位情報・位置情報も取得、保存できます
○メートルとフィートの表示に対応しています。
○日本語と英語の表示に対応しています。

○レンズリストも搭載しています。
ユーザーが編集可能なリスト表です。
リストの追加、削除、並び替えが自由にできます。
資料としてご利用ください。

○サードパーティ製のワイドコンバーターにも対応しています。



○定期購読の詳細:
- 「全てのカメラフォーマット」を年間960円で利用できます。 定期購読は毎年自動更新されますが、いつでもキャンセルできます。
- お支払いは、購入確認時にiTunesアカウントに請求されます。
- 定期購入はすべてのiOS端末に移植可能ですので、設定ページの復元機能を使用してください。
- 自動更新が現在の期間の終了前に少なくとも24時間オフにされない限り、登録は自動的に更新されます。
- アカウントは、現在の期間が終了する前に24時間以内に更新され、更新の費用を特定します。
- 購読はユーザーによって管理され、購入後にユーザーのアカウント設定に移動することで自動更新がオフになることがあります。
- 無料試用期間の未使用部分は、ユーザーがその書籍の購読を購入すると失効します。

○ウェブサイト
http://anitya.link/lensagent.html

○プライバシーポリシー
http://anitya.link/privacy-policy.html

○ライセンス規約
http://anitya.link/license-agreement.html

バージョン1.1.2の新機能

•iOS11に対応しました。
•iPhone8,iPhone8Plusに対応しました。
•焦点距離変換機能を追加しました。

上部へ戻る