カラオケJOYSOUND

カラオケJOYSOUND

価格:無料 iPhone/iPadに対応

機能充実のカラオケアプリの決定版

採点機能もあるので楽しめる

多様な機能充実で楽しめること間違いなし

1.0

(3)

2591

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

カラオケJOYSOUNDというアプリをやってみた。iPhone5アプリ紹介

2016-09-03

JOYSOUNDのアプリですね。

カラオケのカラは「空」、オケは「オーケストラ」の略で、楽団・楽隊による生演奏ではなく、レコードやテープで代用することを指し、放送業界で用いられている。一説にはNHK交響楽団員らの雑談から出た言葉という。
録音機材が発達する前は、放送は基本的に生放送で行われていたが、次第に録音素材が用いられるようになり、費用が掛るオーケストラを準備させずとも予め録音した「カラオケ」に歌手の唄を重ねることが技術的に可能になると、番組制作経費の削減目的で普及した。
1970年以前には、日本では既にハードウェアとしてはマイク入力つきの8トラック式小型ジュークボックスが、また、ソフトウェアとしては伴奏用ミュージックテープが販売され、これらを使って歌を歌わせる店が出現していた[3]。初期の8トラック式小型ジュークボックス装置としては、1967年に発売された根岸重一による国際商品のミュージックボックスや、1968年に発売された浜崎厳によるミニジューク等がある[4][5]。
バンドマン出身の井上大佑は、カラオケ関連サービスと専用装置を1971年に発明したと主張している。井上は8トラック再生機に、予め用意された調やテンポから選択して再生、歌唱できるテープを添付し、「8 Juke(エイトジューク)」と名づけてリース販売したことで、人気を博した。初期にはコイン式の有料再生装置で、テープ1本当り4曲、10本セットの計40曲で、料金は5分で100円でスナック等に設置された。
2010年秋、井上の本「カラオケを創(つく)った男」の著作権が2万口に分割、高額で権利を売り付ける業者が表れていることが判明し問題となった[6]。詳細は井上大佑#著作権の販売問題を参照。

カラオケという言葉が普及する以前は「空演奏」と表現することが多かった。
通常、楽曲の伴奏部分だけを「事前に記録」[1]している記録媒体(音楽テープやディスク等)で再生する。この言葉のうまれは、「生伴奏なし」と同義で、「カラオケね」は「伴奏なしでやろう」という意味だった。これは放送業界で生放送において伴奏へ多くの注意や経費を払わなくていいところから重宝した。ここまでは放送業界用語であり、この意味のカラオケはいまでも使っている。
現在では、カラオケのしかけ、つまり、歌を歌うための装置、さらにはその装置を使って歌うことだけでなく、歌うための場所を提供している店(カラオケボックス)のことなどをカラオケと略して指すようにもなっている。これはカラオケがそれだけ一般化していることの証でもある。カラオケは、歌ってストレスを発散させたりするため、娯楽に分類し、レジャー白書で統計を取る一項目ともなった。
この形式は日本で生まれたもので、英語の「Karaoke」(「キャリオキ」と聞こえる)や中国語の「卡拉OK」(kǎlā OK)、ロシア語の「Караоке」など、外国でも日本語の音をそのまま使った言葉が使っている。
2008年にイギリス政府が2500人以上の成人を対象に行った「最も重要と思いつつも最も不快に感じる電子機器(gadgets)」の調査では、カラオケが22%を獲得し携帯電話などを抑えて1位となった。イギリスでは、日本のように防音施設が整った個室型のカラオケボックスがまだあまり広まっておらず、カラオケを設置しているパブで音痴の人や酔っぱらいの歌声が"騒音"被害を招いているとの理由から
無料カラオケ
懐メロカラオケ
カラオケ 採点
ダム カラオケ
ラウンドワン カラオケ
カラオケ館 料金
カラオケ一番
カラオケマック
カラオケ しゃくり
PS3 カラオケ
カラオケバンバン 料金
ジャンボカラオケ
カラオケで盛り上がる曲
カラオケ 機種
カラオケ うまくなる方法
カラオケの鉄人 料金
カラオケ コートダジュール
仕分け∞ カラオケ
カラオケ 人気
嵐 カラオケ
カラオケ 盛り上がる曲
オンステージ カラオケ
カラオケ コツ
カラオケ 高音

上部へ戻る