BOAT RACE アプリ投票

BOAT RACE アプリ投票

価格:無料 iPhone/iPadに対応

電話投票会員になるとレースの投票に参加できる

このアプリ1つで投票から精算まで全て完結

レースで当たるとアプリがお知らせしてくれる

2.3

(32)

1959

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

BOAT RACEっちゅうiPhone5アプリをやった

2016-06-16

ボートレース系アプリですね。


スポーツとしてのボート競技は、ローイング、漕艇(そうてい)、端艇(たんてい)、競漕(きょうそう)とも呼び、座席(シート)が前後に動き、オールを使って脚力により船を進めることでレースをする競技。
世界的に見れば、ボート競技が盛んに行われているのは発祥の地である欧米諸国である。日本では、学生や実業団の競技が主流。交通や戦争の手段として考えると、ボートは古代にまでその歴史をさかのぼることができる。その頃からスポーツとしての性格は現れてきていたようで、紀元前1430年のエジプトのある碑文には、アメンホテプ2世はボート選手としての功績も有名であったと記録されている。近代ボート競技の始まりは1716年にロンドンで行われたDoggett's Coat and Badge Race と言われているが、14世紀にゴンドラを使ったレースがヴェネツィアで行われたという記録もある。オリンピックにも第1回アテネ大会(男子)、第21回モントリオール大会(女子)から採用されており、歴史は古い(ただし、第1回アテネ大会では悪天候により競技は実施されなかった)。日本に輸入されてきたのは1866年で、横浜山下町に外人ボートクラブが創立されたのが始まりといわれている[1]。
競技内容 [編集]

水上でボートに乗って、ある一定の距離をオールを使って漕ぎ順位を競う。ルールは単純であるが、競技の特性上自然条件・天候などに大きく左右されやすく奥が深い。競技大会はレガッタともいう。レガッタは、ヨットなど水上スポーツ大会を指す言葉としてももちいられ、語源はゴンドラの競漕に由来する。
種目 [編集]
ボートにはさまざまな種類がある。大きく分けて、大きいオールを一人一本持って漕ぐスウィープ種目と、小さいオールを一人二本持って漕ぐスカル種目の2つがある。一般に、同じ漕手数の艇の場合、スウィープよりスカルのほうが高速。
また、体重によって軽量級とオープン種目に分かれる。

上部へ戻る