表メモ - 表形式の簡易メモ帳。リスト型のメモが簡単に作れます。

表メモ - 表形式の簡易メモ帳。リスト型のメモが簡単に作れます。

価格:無料 iPhone/iPadに対応

表形式のメモをサクッと簡単に作成できる

列幅の調整や列の移動や追加も簡単に編集できる

CSVのデータをインポートやエクスポートできる

4.4

(168)

1100

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

レビュー

良い

61033

使いやすい。

2017-01-15
便利

あかあかあかあかあさあさあか

使いやすい!

2017-01-03
ToDo便利‼️

にゃ~に

忘れ物なく、お買い物ができたり、夕飯のレシピをメモったり。とても重宝してます‼️

2017-01-01
もっとみる

ストア情報

表メモは、表形式の簡易メモ帳です。
例えば、氏名、住所、電話番号などの項目をつくって、行単位に入力することで、簡単な住所録を作ることができます。
各項目の列は、追加/削除ができます。また、列の順序変更や、幅の調整もできます。
作成したメモは、CSV形式(ダブルクォーテーションで囲む形式のカンマ区切り)のファイルとしてメールで送信できます(エンコードはShift_JISとUTF-8に対応)。
また、メールに添付されたCSV形式(ダブルクォーテーションで囲む形式のカンマ区切り)のファイルを取り込むことができるので、簡易のCSVビューアとしても利用できます(エンコードはShift_JISとUTF-8に対応)。
※CSVを取り込む場合は、iOS標準のメーラーで受信し、添付ファイルを長押しして、表メモアイコンを選択します。

使い方:
1. メモの作成
 メモリスト画面(起動時の最初の画面)で追加ボタン('+')をタップし、メモのタイトルを入力します。
 メモリスト画面では、タイトルの変更や、メモの削除、リストの並べ替えができます('Edit'ボタンをタップ)。

2. メモの入力
 作成したメモを選択して、メモ画面を開きます。
 入力したいセルをタップして、メモを入力します。
 カラーモードがONの場合、テキストとセルの色を変更できます。
 新しい行を追加したい場合は追加ボタン('+')をタップします。
 画面左側の行番号をタップすると、行の複製または削除ができます。

画面下部には、左から右に、1)ごみ箱、2)アクション、3)表設定、4)並べ替えの4つのボタンがあります。
1) ごみ箱ボタン
 開いているメモを削除します。
2) アクションボタン
 開いているメモの複製、または、CSV形式(ダブルクォーテーションで囲む形式のカンマ区切り)のファイルとしてメールに添付することができます。
3) 表設定ボタン
 表設定画面が開きます(3.表設定 参照)。
4) 並べ替えボタン
 並べ替えモードになり(ボタンアイコンが編集ボタンに変わります)行の並べ替えができます。
 編集モードに戻るには、編集ボタンをタップします。

3. 表設定
 表設定画面では、メモタイトルの編集や列の編集ができます。
1) カラーモードスイッチ
 ONにすると、テキストとセルの色が変更できるようになります。
 【注意】カラーモード利用中にOFFにすると、すべての色データがクリアされます。
2) タイトルセクション
 タイトルを選択すると編集できます。
3) 列セクション
 列を追加する場合は、追加ボタン('+')をタップします。
 列を削除したり、列の順序を変更する場合は、'Edit'ボタンをタップします。
 列の項目を選択すると、列設定画面が開きます(4.列設定 参照)。

4. 列設定
 列設定画面では、項目名の編集と列の幅の調整ができます。
1) 項目名セクション
項目名を選択すると編集できます。
2) 列幅セクション
 スライダーで列幅を変更できます。
 調節ボタンをタップすると入力済のデータに合わせて幅が設定されます。

※この画面は、メモ画面の項目名を長押しすることでも表示できます。

5. 設定
 メモリスト画面の設定ボタンをタップすると設定画面が開きます。
 設定画面では以下の設定ができます。
1) テーマの設定
2) CSVのインポート/エクスポートの設定
 - エンコーディング(UTF-8またはShift_JIS)
 - 項目名をエクスポート
 - 1行目を項目名としてインスポート
3) デフォルトの項目名と列数

バージョン1.2.1の新機能

- メモを閉じた時のスクロール位置を保存するようにしました
- 軽微なバグの修正

上部へ戻る