心理テスト

心理テスト

価格:無料 iPhone/iPadに対応

深層心理を暴く、心理テストを150問以上収録!

恋愛、生活、金運、美容、全体運の5つのカテゴリー

好きなテストはお気に入りに登録!みんなにシェアできる

4.4

(63)

2005

運営日数

「心理テスト」というアプリを使ってみた。iPhone5アプリの紹介

2016-05-12

心理テスト、というアプリをつかったんで
おもろいですねええ~。
心理検査は被験者の環境や心理状態などによって影響されて結果が違ってくるものである。そういった原因によるぶれを少なくするため、検査前には被験者と検査者の間に信頼関係を樹立しなければならない。この信頼関係をラポール(ラポート)という。これは純心理的なものだけではなく、検査室の室温、湿度、採光なども影響する。被験者には、事前に心理検査の目的をよく説明し(インフォームド・コンセントのように)、不安を取り除いた上で検査に当たるのが望ましい。また、学齢児には、この検査の結果は学校の成績評価には反映されないという事を説明した方が良い場合もある。
特に年少児・発達障害児などの場合、十分な信頼関係が樹立されていないと、検査の途中で検査を放棄してしまったり、積極的な協力が得られなくなったりして続行が不可能になる危険性がある。また、検査結果も検査時の体調や感情的状態や雰囲気によって、かなり結果が変わる余地が大きい。このため、個別式知能検査であれば、体調の良い時に十分なラポールの上で、という方法で検査が行われている。

又、他の試験と同様に、何度も同じ種類の検査を受ける事による慣れや試験傾向の学習、意図的な事前練習で試験結果を向上させる事が出来る。このため通常は、集団式知能検査であれば多くの被験者を同じ場所で同時に一回限りで、という方法で検査が行われている。なお、クレペリンなどの場合は就職試験によく出るため、練習のための書籍や講座が存在する。
また、学力検査のように、同じレベルで別な内容のテストが数多く市販されているわけではなく、通常は1種類のテストを長期にわたって市場に供給し続けている。このため、一度テスト問題が流出すると、一部の被検査者が予習をしてくる可能性を想定せざるをえない。このため、心理テストのみで社員採用の合否を決めるようなやり方は慎むことが望ましい。テスト作成の際には多くの手間をかけて標準化をせざるをえないため、問題内容を変えた代替テストを複数作るのは容易ではなく、カンニングに弱いのである(なお、これは標準学力検査(SAT)にも当てはまる)。

上部へ戻る