バッテリー HD (無料)

バッテリー HD (無料)

価格:無料 iPhone/iPadに対応

あなたのiPhone、iPadなどのバッテリーモニターです

エレガントなデザインと使いやすさで1千万回以上DL!

バッテリーが完全に充電されると音でお知らせも可能!

4.5

(77)

2863

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

最新バージョンの総合評価

4.5

77件のレビュー

5
48
4
21
3
6
2
0
1
2
参考になった順
よき

よき

このレビューは参考になりましたか? 0 0

よきアプリ

助かってます 便利です

このレビューは参考になりましたか? 0 0

グット

iPod touchを使っているんだけど、電池の残量が分からないからこのアプリ入れてみました。けっこう使えます。iPod touchを使っている皆様には、必須のアプリだと思います。ぜひダウンロードお願いします。(自分は開発等には一切携わっておりません)‼️

このレビューは参考になりましたか? 0 0

まあ。

可もなく不可もなく。

このレビューは参考になりましたか? 0 0

は?

いいね

このレビューは参考になりましたか? 0 0

ヌードル

便利っちゃ便利

このレビューは参考になりましたか? 0 0

いいですねーーーーーーーワーーーーーーワーわわわわ

驚く香楽たちを前に、ティムが神酒に話したのは次のようなことだった。  神酒たちが対峙したあの恐るべき男の正体は、ニャルラトテップと呼ばれる恐ろしい邪神。  その能力は神酒たちが以前にまみえたことがある偉大なる邪神・クトゥルーや、【黒い海】と呼ばれるハスターに匹敵する。  しかし今回彼女たちが対峙しているニャルラトテップは、無限に存在しているこの神格の写し身の一つで、本物とは少し意味合いが違う。  それでもこのニャルラトテップの写し身は、もちろん人間を滅ぼすだけの能力は十分に持っており、今対策を講じないと大変な事態に陥ってしまうということだった。 『ミキ。ニャルラトテップを消滅させることは不可能だけど、あの写し身ならどうにかならないことは無いと思う。  でもその方法はすごく危険で、失敗すると大惨事が起きてしまうんだ』 「ティム!その方法はなんなの!?あたしもカグラも一回だけだけど、あの怪物の正体を見たんだ。  あんなのが暴れ始めたら、きっとこの街が大変なことになっちゃう!!」  するとティムは固唾を飲んで見守る神酒たちをグルッと見回すと、はっきりとした言葉で説明した。 『前にアメリカのウィスコンシン州にあるリック湖というところに、一度ニャルラトテップが出現したことがあるんだ。  ニャルラトテップはリック湖周辺に広がる森を自分のテリトリーにしようと考えたけど、  それに気付いた研究者たちが、ある方法を使ってニャルラトテップを撃退した。  リック湖周辺の森はその時に全て焼けてしまったんだけど、邪神を退散させるには、多分それしか方法は無い』 「ティム、その方法って・・・?」 『それはニャルラトテップと敵対する邪神の召喚。  【海のクトゥルー】や【風のハスター】と同等の能力を持つ旧支配者、【炎のクトゥグァ】を呼び出すことなんだ』                      ☆  無数のダークワームを相手にしていた瞬だったが、地下の空洞に捕まっていた神酒たち全員が脱出したのを確認すると、彼も急いで扉から外へ飛び出した。  既に辺りはすっかりと陽が落ち、暗くなり始めた空には仄かに星々の姿が見えている。  住宅開発地域の奥では、今でも巨大な火球柱が赤々と燃え上がり、未曾有の惨事がまだ収拾されていないことが実感できる。  神酒たちはその方向を見ると、彼女たちは遂にその事件の根源となった現場に、動き始めた巨大な邪神の姿を目撃した。  邪神は鈍くも確かな足取りで、夜に灯が多く輝く美鷹の街中に向かって進んでいる。  もう数十分もすれば邪神は街に到達し、きっと恐ろしい被害を生み出すことになるだろう。  ティムは詩織の肩に飛び乗ると、彼女が持っている羊皮紙に目を落とした。 『ここにクトゥグァを召喚するための呪文が書き込んである。  あのニャルラトテップは確かに熱には弱いけど、でもあの火柱程度で消滅させることはできないんだ。  せいぜいあのオレンジ色の火柱の温度は、高くても3000度程度が精一杯。  でもクトゥグァの持つ黒い炎は、5000万度の太陽の核に匹敵する温度を持っている。  それがあればあの付近にあるメタンハイドレードも一気に気化させて、強力な爆発力を手に入れることができるんだ。  チャンスは一度だけ。  失敗したとしたらニャルラトテップの写し身を消滅させることはできない』 「失敗したらどうなるの?」 『制御できない炎の精霊が召喚されて、ニャルラトテップと一緒に人間の敵に回る。  ニャルラトテップ単体より、もっと絶望的な状況に陥ってしまうだろう。  この召喚を成功させるためには、ただ呪文を唱えるだけではダメなんだ。  空に【フォーマルハウト】という名の星が輝いている時に、  その星に特別な想いを寄せている人間が呪文を唱えないと、クトゥグァの召喚は成功しない。  クトゥグァの棲み家がその星だから、クトゥグァに想いが通じないと召喚には応じてくれないんだ』  ティムの話を聞いていた瞬が、ティムに聞いた。 「フォーマルハウトって、どの星のこと?」 『ゴメン、知らないんだ』 「ええ〜!!??」 『もし召喚に成功した場合、クトゥグァは召喚を試みた人間の体に乗り移るだろう。  クトゥグァに乗り移られた人間がどうなるかは、あとはクトゥグァ次第だ。  無事生き残ることができるかも知れないし、クトゥグァの炎で焼き尽くされるかも知れない。  でも、これだけは確実に言うことができる。クトゥグァは必ず、ニャルラトテップを撃退する』  すると神酒は、詩織の持っていたクトゥグァ召喚の呪文が書かれた羊皮紙を奪うように取ると、叫ぶように言った。 「ティム!あたしがやる!この呪文を唱えればいいだけなんだよね。  あたし結構星を見るのが好きだから、意外に想いは通じているかも知れない。  お願いティム!ここはあたしに任せて!!」  そして神酒は呪文にざっと目を通し、先程から開いていたティムの扉に再び飛び込んでいってしまった。 「あ!待ってよ、ミキ!!」  神酒に続き、香楽も扉の中に飛び込む。  そして彼女たち2人に引き続き、瞬や詩織たちが扉の中に飛び込もうとした時だった。  突然夜の闇の中から数人の吸血人間たちが現れると、ティムたちに向かって襲い掛かってきたのである。  よく見ると周辺には数十人の吸血人間たちが群れを成し、ティムたちに襲いかかろうとタイミングを見計らっているように見える。  不意打ちを食らったティムは、その瞬間に集中力を途切れさせ、彼の能力である扉を消してしまった。 『しまった!!』  ティムは改めて扉を出現させようと、詩織と真夢と共に意識の集中を試みたが、吸血人間たちが湧き上がるように現れ次々と襲いかかってきたため、どうにも能力を発揮することができない。  瞬と緋色は少女たちを守るために必死に奮闘したが、結果的に神酒と香楽を追いかけるチャンスを失ってしまったのだった。

このレビューは参考になりましたか? 0 0

いいわぁー

使いやすい・・・ww

このレビューは参考になりましたか? 0 0

よくわからん

よくわからん

このレビューは参考になりましたか? 0 0

老化は食い止められる

無かったら死んでる

このレビューは参考になりましたか? 0 0

目安としては

なかなか使えると思う

このレビューは参考になりましたか? 0 0

いい❗️

このアプリいい❗️

このレビューは参考になりましたか? 0 0

良き

良き良き良き

このレビューは参考になりましたか? 0 0

いいです!

見た目で分かるのでいいです。

このレビューは参考になりましたか? 0 0

よいよい

解りやすくて、見やすい。

このレビューは参考になりましたか? 0 0

ん!

良いっ!

このレビューは参考になりましたか? 0 0

最高

神アプリ

このレビューは参考になりましたか? 0 0

わかりやすい!

とてもいいですねー

このレビューは参考になりましたか? 0 0

ミニiPadに使えています

シンプル イズ ベスト!

このレビューは参考になりましたか? 0 0

よい

わかりやすい

このレビューは参考になりましたか? 0 0

上部へ戻る