自分薬歴

自分薬歴

価格:無料 iPhone/iPadに対応

お薬手帳よりももっと頼れるアプリが登場!

薬を検索すると詳細情報がすぐ表示されます(*^▽^*)

薬を飲む時間になると通知までしてくれる!

4.0

(1)

2398

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

レビュー

アップデートで改善しました

sora0806

たくさんの薬を飲んでいるので、在庫管理などに重宝しています。全件マスタ更新もやっとできるようになり満足です!ただ、診療科情報の欄で医療機関を見たとき、編集画面で、医療機関名の下に名称と出てきますが、ここ元は診療科を設定するところだったような気がします。どちらも医療機関名称を入力すると無駄に情報が重複する気がするので、直していただけると嬉しいです。

2017-10-19

ストア情報

医薬品の適正使用(コンプライアンス向上)、医療者への情報伝達支援(副作用の未然防止)、そのために設計された薬物療法サポートアプリ、それが「自分薬歴」です。

私たちは病気や怪我をすると、医療機関を受診し、治療を受けます。医師は私たちの話や検査結果を元に適切な薬を選択して処方します。つまり、手術等のごく一部の治療行為を除いて、医療サービスを受けることは薬物による治療行為に他なりません。
医師がいかに適切な薬を選択しても、薬剤師がいかに正確な調剤をしても、私たちが正しく薬を使用しなければ、薬物治療の効果はありません。
ほとんどの医療行為である薬物療法は、私たち自身が主役なのです。
そうはいっても、一つや二つならともかく、複雑な用法を指示された多種多様な薬を的確に使用する事は簡単ではありません。
また、残念ながら、多くの薬には「副作用」があります。
薬を使用してなにか変化があれば、それを正確に医師や薬剤師に伝えることで、思わぬリスクを未然に防ぐことができる場合があります。
つまり、私たち自身が、いつどの薬を飲んだか、薬を使用してなにか変化があればそれを記録し、医師や薬剤師に伝えることで、より適切で安全な医療サービスを受ける事ができるのです。
「自分薬歴」では、薬の使用時刻をお知らせし、どの薬をいくつ飲むのか画面に表示されます。薬を使用したらその場でボタンをタップするだけで、薬の使用を記録します。時間が過ぎても使用していない薬は、アイコンにマークが付きますので、うっかり忘れの軽減効果があります。
服用記録はカレンダー一覧形式で簡単に確認できます。
薬を飲んで変化を感じたら、すぐにメモをすることができるので、医師や薬剤師への伝達忘れを防止する事ができます。
今日から「自分薬歴」で、より適切で安全な医療を受けましょう。

「自分薬歴」には、この他にも最新のお薬情報をweb検索して表示する等、お薬とその安全使用に関する有用で豊富な機能があります。
詳細はサイト(http://gfray.web.fc2.com/health/products/medhis/)をご覧ください。

※まずは本無料版でお試しください。
無料版に使用期限はなく、そのままでも使い続ける事ができますが、時間と手間をかけずに薬物治療効果を最大限に高めるためにも、標準版の購入(アドオン)をお勧めします。

※初回起動時にはオンラインヘルプが開きます。本アプリの機能概要、操作パターンの把握、さらなるご活用のためにご一読ください。

※ご要望、ご質問は下記サポートサイトにお願いします。
http://gfray.web.fc2.com/health/products/medhis/

バージョン2.0.10の新機能

Mental Recとの連携時に、自分薬歴の画面がすぐに閉じてしまう障害に対応しました。(標準版のみ)

上部へ戻る