時間割プラス

時間割プラス

価格:無料 iPhone/iPadに対応

時間割と授業メモを作成しお友達と共有できる!

中学生から大学生まで幅広く活用できる時間割アプリ!

科目追加はたったの10秒!簡単操作でらくらく時間割作成!

3.3

(23)

1753

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

時間割プラスというアプリをやってみた。iPhone5アプリ紹介

2016-07-20

大別して「曜日固定」方式の時間割と、あらかじめ巻紙に教科等を番号に振り分け、従来型の時間割に書き込む「巻紙」方式の時間割の2種類に分けられる。
曜日固定方式 [編集]
曜日固定方式は一般に広く知られている時間割の方式である。1週間をいくつかの授業時間(単位時間)に分け、それぞれの時間に対して1つの教科等を割り振る。例えば「火曜日の1時間目は体育、2時間目は音楽、...」という具合である。曜日ごとに時間割が定められているため、一度決まってしまえばパターン化されるため、臨時に時間割が変更されることがない限り、混乱が生じることはないとされる。一方、近年の祝日法改正によって生じたハッピーマンデー制度により、月曜日に割り当てられている授業の時数が不足するという現象も指摘されている。
そのため、年度末には「予定通り進行している科目」と「時数が足りない科目」を入れ替えたり、「特定日は月曜日授業」として、ある日の時間割を1日まるごと別の日の時間割に入れ替えるなど、変則的な時間割が組まれることがある。
巻紙方式 [編集]
巻紙方式(テープスライド方式、スライドテープ方式)は、授業科目と番号を対応させる様式の時間割表を用いて管理する時間割の方式である。実際に生徒に配布される時間割表が一本の巻紙(テープ)上に科目を配置したような様式であり、順番にスライドさせるように開講されるためこのように呼ばれる。
時間割の形式 [編集]
時間割表はおよそ30前後の授業番号枠で構成されたリスト形式であり、「1年1組の1番は音楽、2番は体育......30番は美術」のように番号と教科を対応させる形で編成される。同じ教科が近い番号に割当てられると同日に同じ科目が二度開講されるという事態が発生するので、そのようなことのないよう同じ教科は6ないし7以上の距離をおくように配慮される。また編成に当たっては全クラスの時間割の間で不都合が生じないよう校内での教科担任の配置や施設利用の都合も勘案され、最終的に各教科に必要な時間数が履修できるように科目が割り振られる。

Method and timetable of "fixed day of the week" as roughly sorted into a number of subjects, such as wrapping paper in advance, can be divided into two types of schedule "method of wrapping paper," written in the conventional timetable.
Day fixed method [Edit]
Day fixed method is a method of schedule, which is generally known. Divided into (unit time) of a few class hours a week, and other subjects allocate one for each time. "For example, at 1 hour of physical education on Tuesday, the second hour of music ..." and so it is. The schedule is determined for each day of the week, once patterned to be determined once, unless there is a schedule that is changed temporarily, and never cause confusion. On the other hand, has been pointed out by the system behavior caused by Monday Happy Holidays recent legislative changes, Jisu classes that are assigned to that Monday insufficient.
Therefore, you can replace the "and subjects are progressing as planned," the end of the "subjects Jisu is not enough", as "a particular class Monday" schedule for another day of day whole day timetable may replace to such, an irregular schedule is put together.
Wrapping paper method [Edit]
Wrapping paper method (method of tape slide, slide tape method) is a method of using a timetable to manage timetable style to adapt courses and number. Timetable to be distributed to the student actually is a style, such as those placed subjects on (tape) wrapping paper for this one, it is so named because it is offered so as to slide in order.
The format of the timetable [Edit]
Timetable is a list that is configured by the frame number classes before and after about 30, "the first of a pair one year music, and the second is the physical education ...... No. 30" art made to correspond to subject number and the like are organized in the form. Situation the same subjects that will be offered twice on the same day and assigned to the number subject the same close occur, so is considered to place a distance of more than 6 to 7 are subject the same so that there is no such a thing. In organization will also take into account the convenience of the use of facilities and placement of teacher subjects in school so that it does not cause problems in between the schedule of all classes, subjects allocated by the number of hours required for each subject ultimately to be able to take also is.

上部へ戻る