Microsoft Excel

Microsoft Excel

価格:無料 iPhone/iPadに対応

ExcelがiPhoneやiPadで使えるように!

Excelスプレッドシートの豊富な機能!

充実の基本機能で安心して作成、編集!

3.1

(18)

1079

運営日数

マイクロソフトが提供する「Excel」アプリの基本的な使い方

マイクロソフトが提供する「Excel」アプリの基本的な使い方

マイクロソフトが提供する「Excel」。スプレッドシートの表示、作成、編集ができるこのアプリの基本的な使い方をご紹介します! Excelファイルの作成・編集 作成および編集をタップすると、リストの作成や集計、タスク管理、おカネの管理など約20種類のテンプレートの中から役に立ちそうなレイアウトを利用することができます。今回は「空白のブック」のテンプレートを選択して作成してみます。 幅調整 A列の幅を広げたい場合は、AとB表示の間の│(縦ライン)を長押しすると、黒いラインが出るのでそのまま指を離さずに任意の幅にドラッグします。 関数 パソコンと同様に関数も使用できます。答えを表示したいセルを選択し、左上の「fx」をタップすると、関数の種類が選択できます。=(イコール)の後の数式を完成させればOK。 拡大・縮小 表示を拡大して見たい時は画面に付けたままの2本の指を離すほどに大きくなります。表示を縮小して見たい時は画面に付けたままの2本の指を近づけると小さくなります。 セルの装飾 セルに色や罫線を付けたい時は、右上部のAのアイコンをタップ。罫線、塗りつぶしの色、フォントやフォントの色、セル結合など他にも色々編集が可能です。終わったら▼で項目表示を下げます。 ファイルの保存 保存するときは、左上の完了をタップ。同じ場所にさらに左向きの○←が出るのでタップ。保存する「名前」入力したら、下部のリストから保存場所を指定します。そうしたら右上の「保存」をタップして保存完了です。 ファイルの共有 共有する場合は保存したファイルの右手にある共有マークをタップ。さらに「共有」をタップすると可能な共有方法が表示されます。メールで共有の場合はエクセルファイルがそのまま添付されます。いかかでしたか?お仕事などで「Excel」をお使いの方は無料アプリなのでぜひ♪Microsoft Excel/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!(作成者:meisa)

2015-06-12 18:00

上部へ戻る