英語リスニングを楽しむアプリ、リスタノ (2倍速/スロー再生/ABリピートができる語学学習用プレーヤー mp3対応)

英語リスニングを楽しむアプリ、リスタノ (2倍速/スロー再生/ABリピートができる語学学習用プレーヤー mp3対応)

価格:360円 iPhone/iPadに対応

英語の聞きとりがしやすくなる学習アプリ!

スロー再生も倍速再生も自由自在に設定できる!

秀逸の区間リピート機能!「1文リピート」搭載!

4.2

(51)

1478

運営日数

リスタノというiPhoneアプリをやってみた^^

2016-04-08

リスタノというアプリで音楽とか
オーディオブックが買えてしまうらしい。



アメリカでは、移動の際に乗用車を使用することが多く、CDやカセット等の持ち運びが容易であったため、早期から大きな市場が確立した。2009年度のオーディオブックの売上は、約9億ドルに達していると推定されている[1]。グラミー賞にはオーディオブック部門(Field19:Best Spoken Word Album)が存在し[2]、人気作品や発売されたばかりの作品がオーディオブックとして販売されることからも伺えるように、アメリカではオーディオブックは広く認知され、日常的に利用されている。また、かつてはオーディオブック売り上げの大部分がCDでの販売であったが、インターネットの普及と一般市民のリテラシーの向上により、ダウンロード販売も次第に拡大している。2009年度にはオーディオブックの売上のうち、ダウンロード販売が約20%を占めているという調査もある[3]。

日本の市場 [編集]

日本のオーディオブック市場は、欧米に比べて小規模なものにとどまっている。日本では1980年代後半に、特に新潮社を中心として、カセットブックが流行した。有名俳優による小説の朗読や著名人の講演、落語、漫談、怪談等のライブ録音が多数カセットブック化されたほか、ライトノベルや漫画をオーディオドラマとして新規に録音された作品(現在でいうところのドラマCD)も登場し始めた。一部の書店やCdショップのほか、通信販売によるパッケージ販売も行われたが、車社会でCDやカセットが喜ばれたアメリカに比べ、電車等の公共交通機関による移動が多い日本では、市場規模はなかなか拡大しなかった。

しかし近年、iPodやWALKMANなどのデジタルオーディオプレーヤーや、iPhoneなどのスマートフォンが普及し、CDやカセットを持ち歩かなくても気軽に音声コンテンツを楽しむことができる環境が整ったことにより、インターネット上で購入するダウンロード販売が急速に拡大している。2008年の株式会社アイシェアの調査では、iPod、MP3プレーヤーなどの携帯音楽プレーヤーを持っていると回答した人が56.3%に達した[4]。

ダウンロード販売の事例として、iTunesには「ミュージック」に加えて「オーディオブック」というカテゴリが加えられ、iTunes Storeでオーディオブックをダウンロードすることができるようになったほか、日本語のオーディオブック大手の「FeBe」では、約7,000タイトルのオーディオブックをダウンロード配信している[5]。

なお、物理メディアによる販売方法としては、主にアニメやゲームなどのストーリーをドラマ化した「ドラマCD」が製作され、書店等で流通し、現在でも一定の人気を誇っている。

上部へ戻る