バックグラウンド再生できるアプリ TubuPlayer "for YouTube"

バックグラウンド再生できるアプリ TubuPlayer "for YouTube"

価格:無料 iPhone/iPadに対応

定番のYouTubeアプリ!本家にはない機能が多数!

人気動画ランキングや、新着順、関連動画も見られる!

30以上の音楽カテゴリ!歌手、曲ランキング機能付き!

4.6

(362)

521

運営日数

配信停止中

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

TubePlayer アプリが便利です。 iPhone5アプリ

2016-08-20

ダウンロードしやすいー。
YouTubeはPayPalの従業員であったチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムらが2005年2月15日にカリフォルニア州サンマテオで設立した[2]。初めて動画が投稿されたのは同年4月23日である[3]。設立のきっかけはハーリーらが友人にパーティーのビデオを配る方法として考えた結果に作った技術を使い、「皆で簡単にビデオ映像を共有できれば」と思いついたことによる[4]。
11月7日、ベンチャーキャピタルのSequoia Capitalから350万ドルの投資を受け[5]12月より公式にサービスを開始した[6]。
2006年
2月16日 - NBCが著作権の侵害として、テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の「Lazy Sunday」の映像を削除。大手のテレビ局からの要請による動画削除はこの件が初めてであった。
3月27日 - 10分を超える動画ファイルのアップロードを制限[7]。
4月5日 - Sequoia Capitalから800万ドルの投資を受ける(2度目)[5]。
4月10日 - Director制度開始[8]。
6月15日 - 大規模な違法コンテンツ(アニメなど)の削除活動が始まる。
6月24日 - 音楽家専用のアカウントを作れるMusicians制度が始まる。
6月27日 - かつて否定的な立場をとっていたNBCユニバーサルが一転し、提携を発表。自局番組の宣伝動画などの配信を始める[9]。
7月14日 - ニュース記者のロバート・ターが著作権侵害でYouTubeに対し米連邦地裁で訴訟を起こす[10]。
8月4日 - メンテナンスを行いデザインをリニューアル、新機能が追加された。
9月中旬 - プレイヤーのデザインを再びリニューアル。
10月 - QuickList機能が追加される。
10月上旬 - 会社をカリフォルニア州サンブルノに移転。
10月2-6日 - 日本の著作権関係権利者団体・事業者(テレビ局など)が集中的に削除要請を行い、約3万件のファイルが削除される[11]。
10月9日 - Googleが16億5000万ドルでYouTubeを株式交換で買収した。但しブランド名やサービスなどは既存のままであり、Googleのグループ会社になる[12]。ちなみにこのうちの2億ドルが訴訟対策費用となる予定。
11月6日 - Time誌の「Invention of the Year for 2006」に選ばれる[13]。
12月7日 - 新サービスの実験用サイトとしてTestTube(テストチューブ)を開設。最初の実験としてチャットルームで同じ動画を鑑賞、感想を書き込むなどが可能な「Stream」を公開した[14]。
12月17日 - Time誌の表紙として、YouTubeの動画メニューの画面が飾った。これは、この年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「You」の意味の1つに「YouTube」も含まれることからである

上部へ戻る