友達を探す

友達を探す

価格:無料 iPhone/iPadに対応

友人の居場所がすぐに確認できる!

簡単な操作で情報を隠すことも可能。

子供の下校時などを通知設定できて安心。

0.0

(0)

2199

運営日数

ニュース

【iOS 9】「友達を探す」は自分の居場所を常に送信してるの?

【iOS 9】「友達を探す」は自分の居場所を常に送信してるの?

iOS 9での新機能「友達を探す」。自分の位置情報をリアルタイムで送信して友達に知らせてるのではと、ちょっと不安ですよね…(-_-;)「友達を探す」は位置情報を共有した相手と、お互いに居場所をやり取りできる便利なアプリ。待ち合わせのときや迷子になった子どもを探すときなどに使えそうです。そもそもお互いが共有することを許可しなければ位置情報を送信することはないし、決められた時間内しか共有できないので安心してくださいね(^^♪それでもまだ不安…というときは、設定で無効にすることができます!変更する部分は2か所あるので、順番にやっていきましょう。まずは共有の申請を届かなくする設定。 “設定”から“通知”→“友達を探す” とタップ。 “通知を許可” をオフにします。これで相手が招待メールを送っても、自分のiPhoneには通知が届きません。次は位置情報を送信する、位置情報サービスを止めておきましょう。こちらも “設定”から。“プライバシー” →“位置情報サービス” とタップすると…。下のほうに “友達を探す” があるので、これをタップして“許可しない”にチェックを入れます。これで「友達を探す」が無効になりました。必要な時は逆に設定しなおせば、いつでも共有設定を戻すことができます (^^♪ぜひ覚えて使ってみてくださいね!(作成者:meisa)

2015-10-13 06:00

動画

noimage

友達を探す

2016-03-17

ストア情報

「友達を探す」を使って、iPhone、iPad、またはiPod touchで友達や家族が今いる場所を簡単に見つけることができます。アプリケーションをインストールして、連絡先から友達を選択する、友達のEメールアドレスや電話番号を入力する、またはAirDropを使うと、友達と位置情報を共有できます。

位置情報を共有すると、友達はあなたの位置情報をすぐに追跡できるようになり、友達も自分の位置情報をあなたに共有することで、お互いの居場所を簡単に把握できます。追跡されることを中止したい場合は、簡単なスイッチ操作で自分の位置情報を隠すことができます。

「友達を探す」では、位置情報にもとづいた通知を利用して、友達が空港に到着した時、子供が下校した時、あるいは家族が家に帰ってきた時に通知するように設定できます。また、自分の居場所が変わった時に友達に知らせる通知を設定することもできます。

「友達を探す」では、所有しているどのiOSデバイスからでも位置情報を共有できるため、最も頻繁に携帯しているデバイスを選択することができます。あなたがモバイル通信対応Apple Watchの使用中にiPhoneから離れている場合、「友達を探す」はiPhoneからApple Watchに位置情報を切り替えます。
より正確な位置情報と通知パフォーマンスを得るには、デバイスでWi-Fiが有効になっていることを確認してください。

主な特長

• 友達や家族が今いる場所を簡単に見つける
• 位置情報にもとづいた通知
• 簡単なプライバシーコントロール
• ペアレンタルコントロール
• iPhone、iPad、iPod touchで無料
• 自分の位置情報を一時的または永続的に共有
• AirDropを使って近くの友達とすばやく位置情報を共有
• 電話番号やEメールアドレスを使って自分の位置情報を共有したり、友達に位置情報の共有をリクエストできます
• 3D Touch対応

対応言語:英語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、ウクライナ語、オランダ語、カタロニア語、ギリシャ語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スペイン語(メキシコ)、スロバキア語、タイ語、チェコ語、デンマーク語、トルコ語、ドイツ語、ノルウエー語、ハンガリー語、ヒンディー語、フィンランド語、フランス語、フランス語(カナダ)、ヘブライ語、ベトナム語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ポーランド語、マレー語、ルーマニア語、ロシア語、英語(オーストラリア)、英語(英国)、簡体字中国語、韓国語、中国語(香港)、日本語、繁体字中国語
動作条件:

「友達を探す」バージョン7.0にはiOS 11以降とiCloudが必要です。iPhone、iPad、iPod touchまたはMacでのiCloud用に無料のApple IDを作成できます。

バージョン7.0の新機能

不具合の修正、パフォーマンスの向上、iOS 11サポート

上部へ戻る