歩数計 - 散歩歩数計測

歩数計 - 散歩歩数計測

価格:無料 iPhoneに対応

あなたの走行やアクティビティを完璧に記録する万歩計アプリ

パフォーマンスを向上させ、新しいゴールの達成に役立つ!

スピード、距離、カロリーなどをデータ化して見られる!

1.0

(1)

1409

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

ニュース

iPhoneで健康づくり!走ってカロリー消費アプリ!

iPhoneで健康づくり!走ってカロリー消費アプリ!

ダイエットやカロリー消費のために走っている人も多いかと思います。そんなときにも頼りになる相棒はやっぱりiPhone!今回はランニングやウォーキングのお供に最適なアプリをご紹介したいと思います。シンプルで使いやすいアプリ【歩数計】最初にご紹介するアプリは【歩数計 – 散歩歩数計測】です。このアプリはとてもシンプルで、いわば万歩計的なアプリです。設定も性別と誕生日と体重だけなので、煩わしさがありません。歩く、または走るは自動識別が可能で、バックグラウンドで実行できるのでバッテリー消費も少ないですが、消費カロリーと歩数がグラフで観れる以外の機能はありません。シンプルに管理したい人におすすめしたいアプリですね。歩数計 – 散歩歩数計測/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!無料版でも十分使える【Runmeter GPS】次にご紹介するのは【Runmeter GPS】というアプリです。こちらは有料アプリなのですが、無料でも基本的なランニング・ウォーキングの記録ができます。基本データはiPhone上に蓄積されるので、会員登録やサイトへのログインといった手間はかかりません。このアプリを有料版にアップグレードすると、リモコン操作やデータの共有、コーチのアドバイスといった実に多彩な機能が利用できるようになれます。多すぎて全ては紹介できませんが、アプリ内で仮想ライバルを設定して、目標達成のモチベーションを上げる機能まで付いていて、思わずアップグレードしたくなってしまいます。Runmeter GPS – ランニング ウォーキング サイクリング トレーニング/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!食事の記録までできる【Noom】最後にご紹介するアプリは【Noom】というアプリ。こちらも有料アプリの無料版利用になりますが、さらに機能が豊富で、ランニング・ウォーキングだけでなく、食事や血圧、血糖値まで記録できる、健康のトータルレコーディングが可能なアプリです。レコーディングダイエットがこのアプリ1つでできてしまうのは嬉しいですね。ちなみに有料版にするとコーチアドバイスや、専門の運動プログラムが提供されたりするそうです。これもちょっと気になりますね。Noom – AI とコーチが健康管理、食事記録、歩数計連携/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!いかがでしたか?健康づくりやダイエットを考えている人はぜひチェックしてみてくださいね!(作成者:Y・I)

2016-08-13 15:00

レビュー

タイトル無し

名無しさん

ちゃんと反応してくれません。1000歩もいってない日でずっと運転ばっかりしてた日なのに計測見たら、5000歩歩いたことになってましたやん、おい。だいたい5000歩て1時間弱歩いたくらいですよね。車の揺れとかで歩いたことになってるのか?万歩計として終わってる。削除しました。

2016-06-16

ストア情報

あなたの走行やアクティビティを完璧に記録し、パフォーマンスを向上させ、新しいゴールの達成に役立ちます。
その正確な測定システムで、スピード、距離、カロリーについて、最も頼れるデータを確実に手に入れることができると知るでしょう。

主な機能:
‐バックグランドで計測することができます。
‐散歩、運動歩行、そしてジョギング中のライブデータの記録。
‐毎日のゴールを設定し、より良いパフォーマンスのためにメトロノームを起動します。
‐ GPS信号は要りません。電源の保護となります。。
‐受け取った全てのデータは履歴に保存され、自動的に対話式のパフォーマンスグラフを形成します。
‐ボディパラメータと希望のボディサイズを設定します。
‐アプリケーションの加速度感度を設定します。
‐アプリケーションのサウンドを設定します。

注意:GPSが裏側で動く場合は、電源の消耗とつながります。

バージョン1.4の新機能

fixed bugs
add first launch help
optimize ui interface

上部へ戻る