佐川急便公式アプリ

佐川急便公式アプリ

価格:無料 iPhone/iPadに対応

佐川急便株式会社の公式アプリの登場!

佐川急便の各種サービスを凝縮したポータルアプリ

荷物検索はアプリを起動してすぐに入力できる!

1.1

(20)

1571

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

SAGAWA佐川急便というアプリを使ってみた。iPhone5アプリの紹介

2016-08-17

佐川急便株式会社(さがわきゅうびん)は、本社を京都府京都市南区に置く日本有数の大手運送業者で、SGホールディングス(持株会社)の子会社である。サービス名(商品名)が佐川急便だったが、現在は「飛脚宅配便」に変更されている。
佐川急便は、大口向けの特別積合せ事業から成長した会社であり、宅配便事業を始めたのは、1998年(平成10年)と比較的後発である。

佐川急便の創業は、1957年(昭和32年)3月22日に佐川清が京都・大阪間を中心とする運送事業を興したことにある。
法人としての佐川急便は1965年(昭和40年)に設立され(公式サイトでは1966年(昭和41年)4月と表記)、まず北陸地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州地方に営業を拡大し、1988年(昭和63年)までに中部地方、関東地方、東北地方、北海道にも営業を拡大した。
佐川急便は、もともと特別積合せ事業が主体であり、宅配便業者としては認識されていなかった。1990年代の運輸省の宅配便事業者の中に名前が出てこないのはそのためである。
1998年(平成10年)からは本格的に宅配便事業にも参入し[1]、運送業界最大手とされるヤマト運輸を追い上げている。ヤマト運輸との顧客の奪い合いは熾烈で、同社やその後民営化した日本郵政グループへの対抗上、売上向上月間のようなこともある(ヤマト運輸側は現在、比較的他社から奪うようなことは少ない)。
2006年(平成18年)3月21日付で、佐川急便が株式移転で純粋持株会社「SGホールディングス株式会社」を設立し、佐川急便など各事業会社を傘下に置いた[2]。大手運送会社が持株会社制に移行するのはヤマト運輸系列の持株会社であるヤマトホールディングスに次いで2例目である。

上部へ戻る