犯人は僕です。-謎解き×探索ノベルゲーム-

犯人は僕です。-謎解き×探索ノベルゲーム-

価格:無料 iPhone/iPadに対応

犯人を捜すのではなく仲間に弱みを握って隠蔽

タイムリミット5日の中で仲間を追い詰めるヒミツを探そう

裏工作やアリバイを考えるのが斬新でおもしろい

4.8

(1414)

355

運営日数

ニュース

あなたはサクサク派?じっくり派?謎解きおススメ3選

あなたはサクサク派?じっくり派?謎解きおススメ3選

「謎解き」といっても種類は様々ありますよ。今回は、隙間時間でサクサク解ける問題から、やり込み要素MAXでお届けするじっくりゲームまで3つご紹介します。レベルを選べる「謎解き2016」「超かんたん」~「解けたら天才」まで、全部で10ステージ。全てのステージに、10個ずつ問題が用意されています。全ステージで100問。あなたはどこまで自力で解けますか?つまずいても大丈夫。動画広告をみると、ヒントを得られます。また、助けてもらうことも!TwitterやLINEなどにシェアしてみんなで謎を解いてくださいね(^_-)-☆謎解き2016/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!あなたは天才?「天才求む!~無料で遊べる謎解きIQアプリ~」レベルは1~100まで。当たり前に解ける簡単な問題もありますが、だんだん難しくなっていきますよ!解ける自信はありますか?正解すると、ボーナスポイントが手に入ります。このポイントは、行き詰ったら「ヒント」「正解」を見る時に使用できます(^^)うまくポイントを使えば、何とか最後まで解けそうですよね。天才求む!~無料で遊べる謎解きIQアプリ~/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!プレイヤーは殺人犯!?犯人は僕です。-謎解き×探索ノベルゲーム-ちょっと変わった謎解きゲーム。大学の仲間7人とサークル旅行で、2泊3日の予定で訪れたコテージ。楽しいはずの旅行で起きた殺人事件。プレイヤーは殺人犯となり、犯人を捜すのでなく、犯した罪をなかったことにしていくゲームです。疑いをかけられたら、裏工作をして相手の弱みを握りましょう!犯人にならないように頑張りましょう!犯人は僕です。-謎解き×探索ノベルゲーム-/無料APPをダウンロードする※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!いかがですか?謎解きは、何度やっても楽しいですよね。じっくりも、サクサクもどちらも挑戦してみては?興味のある方はぜひ一度お試しくださいね(^_-)-☆今回ご紹介した他にも、こちらのアプリも是非この機会に見てみて下さいね(*^^)v(作成者:es)

2017-06-03 15:00

動画

noimage

友達の弱みを握り殺人事件を無かった事にする -犯人は僕です- 【実況】 #1

2016-10-09

レビュー

面白かった

☆10がやっと^^;

しかし、オートセーブじゃない方が良い。もちろん会議の時はセーブ禁止でいい。ただトゥルーエンド見るためにもっかい5人を攻略すんのが面倒かった。つか初見で4人とも疑惑度0%とった俺強くね?

2017-07-23
このゲーム楽しすぎだろ!!

神臣大好きです

マジ好きです

2017-07-22
雰囲気がいい

槍のマタザ

シンプルで薄暗い感じのグラフィックがいい感じ。 まだ序盤だけど、あんまり怖くなりすぎないといいな。

2017-07-20
もっとみる

ストア情報

【謎解き×探索ノベルゲーム】

『………捕まりたく、ない』

大学のサークル旅行で訪れたコテージ。

夜、俺は…友達を2階のバルコニーから…

勘のいいあいつらのことだ、

きっと俺が犯人だとすぐに気づくはず…

そうだ…

あいつらの”弱み”を握って、黙らせばいいじゃないか


―――警察が来るまであと5日―――

<ゲーム概要>
・疑いをかけてくる人物の弱みを握り、黙らせるゲームです
・操作はタップだけで誰でも気軽に楽しめます


このゲームには『裏工作パート』『会議パート』があります
●裏工作パート
・疑いをかけてくる人物の弱みを握るための「裏工作」をします
・さまざまなメンバーに声をかける、部屋を調べることによって
 相手を黙らせる『重要な証拠』を入手できます
 
●会議パート
・「裏工作パート」で入手した証拠を突きつけて、相手を黙らせましょう
・相手の言動に対して『反論』しましょう
・もし間違った選択をした場合は…

警察が来るまでの5日間でみんなを黙らせ、

【自分が犯した罪】をなかったことにしましょう…

※この物語はフィクションです。実在する人物および団体とは一切関係ありません。

上部へ戻る