湿度の計算〜気象情報から空気の状態の計算もできます。

湿度の計算〜気象情報から空気の状態の計算もできます。

価格:無料 iPhone/iPadに対応

本格派の空気の状態、湿度計算アプリが無料で登場!

乾球温度と湿球温度から空気に関する各指標を計算!

GPS機能搭載で現時点での状態を自動で算出!

0.0

(0)

486

運営日数

最新情報

スクショ

レビュー

動画

ニュース

ストア情報

気象情報から「不快指数」、「WBGT(※熱中症指数の事です)」、「容積絶対湿度(※インフルエンザ対策での重要な指標です)」などを簡単に知る事が出来ます。
その他、アスマン乾湿計などの通風式乾湿計から得られた乾球温度(※1)と湿球温度から、空気に関する各指標を計算する事も出来ます。気圧の入力も可能。
11指標、13項目を計算する事が可能。華氏温度やヤード・ポンド法への換算も、温度単位スイッチの切り替えだけで簡単に出来ます。
計算できる指標は以下の通りです。
※1、「乾球温度」とは、普通の温度の事です。

・露点温度
・相対湿度(※普通の湿度の事です)
・絶対湿度
  重量絶対湿度
  更に細かい単位での重量絶対湿度
  容積絶対湿度
・飽差
・エンタルピ
・比容積
・飽和水蒸気圧
・水蒸気分圧
・水の沸点
・WBGT(推定値)
・不快指数

気象情報ボタンを押すことにより現在の気圧と乾球温度、湿球温度を得る事が出来ます。iPhone6及びiPhone6Plusでは”MEAS”ボタンを押すことにより気圧センサーから気圧を得る事も可能です。
湿球の状態も”通常”と”氷結”のいずれかを選ぶ事が出来ます(※”氷結”を選択した場合は、湿球温度が氷点下以下の時に設定が有効になります)。
非通風型のアウグスト乾湿計(※簡易的な乾湿計の事)などを使用した場合でも、ボタン操作一つで非通風型に対応した指標を表示可能(※本アプリは計測精度の観点から通風型乾湿計の利用を前提としています)。
姉妹アプリ「空気の計算機」から乾球温度と湿球温度の計算値を、直接受け取る事が出来ます(※「空気の計算機」を先に起動する必要があります)。本アプリと姉妹アプリ「空気の計算機」を組み合わせて使用することにより、例えば乾球温度と相対湿度から空気の各指標を知ることが出来ます。
入力範囲は各種温度が-30℃〜50℃(-22°F〜122°F)、気圧が600hPa〜2475hPa(17.72inHg〜73.09inHg)です。
iOS6.1のデバイスでも一応動きますが、推奨デバイスはiOS7以上の4インチのデバイスです。

本アプリはOpenWeatherMapを利用しています(CC BY-SA4.0)。


注意事項.本アプリでのアウグスト乾湿計を使用した場合の計算値は、感温部の風速が0.5m/s以下を想定し計算しております。その為、市販のアウグスト乾湿計に付属している湿度表の値とは異なる数値が算出される場合がございますので、ご注意下さい。

免責事項1.なるべく常識的な温度範囲(0℃〜40℃位)に則った数値を入力してお使い下さい。極端な値を入力した場合には正しい計算結果が出ない場合がありますが、責任は負いかねます。
免責事項2.できるだけ精密な計算結果が出力されるように作っておりますが、浮動小数点などの技術的な問題に起因する誤差が生じる場合があります。あらかじめご了承下さい。
免責事項3.本アプリの使用によって生じた損害などについては、一切の責任を負いかねます。

バージョン1.1.3の新機能

・電波状態が悪い時に気象情報を取得しようとすると、稀にアプリがクラッシュするバグがありましたので修正しました。

上部へ戻る