絡まない!絡ませない!iPhoneコード整理術!

小技

icon

iPhoneのイヤホンと充電コード。必須アイテムだけにスマートに収納や持ち運びをしたいですよね。今回はそんなコード周りの小技です。

cord_01

イヤホンケーブルの賢いまとめ方

まずはイヤホンです。大抵上の写真のようにとりあえず丸めて縛ってカバンに収納。という方も多いのではないでしょうか?でもうまく解けないときは結構イライラしたりしませんか?
専用のケーブルをまとめるクリップやホルダーなども販売されていますが、ちょっと見渡して、こんなものを使って代用してみてはいかがでしょう?

code_02

そうです。ダブルクリップ。またはバインダークリップとも言いますね。家やオフィスのいたるところでいろんな使い方ができて便利なアイテムです。これがケーブル収納にも活躍してしまいます。耳の部分をクリップ内部に通して、ケーブルを外側にぐるぐると巻いて、コネクタ部分をクリップのハンドルの穴に挿しておくだけです。

code_03

使うときは穴からコネクタを抜いてiPhoneに挿したらクリップを開いて耳部分を手にとって、巻いたコードを外すだけです。

充電コードを保護しましょう

充電コードはイヤホンほどはケーブルが柔らかくないので縛っていてもさほど絡むことはないでしょう。でも、iPhoneへの抜き差しを頻繁に行うことから、コネクタ部分は折れたり断線したりしがちです。
以前、この部分を綺麗なデコテープで巻いて補強しているのを見たことがあります。上手に貼れるのであればやってみたいですね。でも中途半端に貼るとちょっとアレですし、見た目のシンプルなこんなものを使って保護してみました。

code_04

これ、ノック式ボールペンに入っているバネです。少し細身のものがいいみたいです。これをコネクタの根元の硬い部分から巻きつけます。端の部分は少し緊張しますが、綺麗に巻ければこれで断線リスクを大分軽くできますよ!

code_05

旅行のとき重宝しそうな収納術

イヤホンと充電ケーブルをどっちも持ち歩く人は多いと思いますが、大抵イヤホンは使いながら移動するので、両方いっぺんに収納することは少ないかと思います。あえて言うなら旅行のときなどはまとめて収納するのではないでしょうか?そんなとき重宝するのが実はメガネケースです。

code_06

これが、両方をピッタリ収納できるので意外と使えます。メガネケースをお持ちの方は一度試してみてください。底の浅いメガネケースの場合は、写真のようにダブルクリップの耳はたたんでからイヤホンコードを巻くといいですよ。

いかがでしたか?
これでコードもスッキリ!大切に扱えば、その分買い替えのペースも伸びますね。
イヤホンも充電ケーブルも大事な必需品。きれいに収納して、どこにあるかすぐに分かるようにしてくださいね。

(作成者:Y.I)

上部へ戻る