【iPhone】AirDropを使って長い動画を送る方法

初心者入門

20151113_airdrop_icon

「長い動画を送りたいけど、パケット代も気になるし、そもそもデータが大きすぎてメールに添付できないよ~(゚Д゚;)」
こんな時は、無線で画像や動画を転送できる「AirDrop」を使ってみましょう!

20151113_airdrop_006

【ご注意ください】

今回ご紹介する方法は、「送受信する端末が、両方ともiOS 7以降のOSを搭載した、iPhone 5以降の端末である」ことが利用条件となります。

まずはAirDropを有効にする

まずは下準備として、送信側、受信側、両方の iPhoneで、AirDropを有効にしましょう。

画面のロックを解除して、画面の下の方から上向きにフリック。

コントロール画面の「AirDrop」をタップ!

20151113_airdrop_001

続けて「すべての人」をタップ!

20151113_airdrop_002

これで準備は完了です☆

送信したい動画を選んで、送る。

送信側の端末で、アルバムから送りたい動画を選んでタップ!

20151113_airdrop_003

画面左下の、共有ボタンをタップ!

20151113_airdrop_004

画面中ほどに表示される「タップしてAirDropで共有」の中から、送りたい相手を選んでタップ!

※この時、相手が表示されない場合は、「相手のiPhoneがロック状態になっていない」「相手のAirDropが有効になっている」かどうか、確認してください。

20151113_airdrop_005

送信側の操作はこれで完了です☆

受信する

送信側が上記の操作を完了すると同時に、受信側にはこのような表示が現れますので「受け入れる」をタップ!

20151113_airdrop_006

これで受信完了です☆

カメラロールを確認して、ファイルが増えているか確認してみてくださいね。

20151113_airdrop_007

さて、いかがでしたでしょうか?
とっても簡単に送れるので、動画の長さを気にせずガシガシ共有してみてくださいね☆

(作成者:meisa)

上部へ戻る