iPhoneのRAMをクリアし、動作を軽くする方法

小技

20151006_ios9_icon

iPhoneを操作していて「あれ、なんだか動きが重たいな…」こんな経験はありませんか?
実はとっても簡単に解消する方法があるんです☆

201512009_ram_001

v●「アプリケーションリセット」を実行してみよう!

今回ご紹介する方法はアプリケーションリセットと呼ばれる方法で、iPhoneのRAM(メモリの一種)をクリアすることで動作を改善させます。

ではやり方をご説明いたします。

まずは電源ボタンを長押しして「スライドで電源オフ」が表示させる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「スライドで電源オフ」が出ている状態で「ホームボタン」を長押し。10秒ほど押し続けてホーム画面に切り替わったらリセット完了です☆

201512009_ram_001

試しにアプリを起動すると、アプリ全体が再読み込みされているのが分かりますよ。

●多用にご注意!

今回ご紹介したアプリケーションリセットは、ホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を表示してから、上にスワイプしてアプリを終了させる行為と似ています。

201512009_ram_003

実は、これらのようなアプリを終了して再度立ち上げるという行為はバッテリーを消費してしまうので、電池の持ちが悪くなる一つの要因らしいのです。

アプリがたくさん立ち上がっているとバッテリーや動作にあまりよいイメージがありませんが、iOSのRAM管理はとても優秀なので、アプリは立ち上げっぱなしでも大丈夫なのだそうですよ♪

なので、あまり乱発はせず、どうしても必要なときにのみ実行してくださいね☆

(作成者:meisa)

上部へ戻る