iPhoneの容量大丈夫?使用状況の「その他」の削除方法

小技

突然ですが、iPhoneの容量、空いてますか?アプリやミュージック、写真で埋まって新しいアプリをインストールできないなんてことになってませんか?使用状況を見ると「その他」が大きな割合を占めているって方、特に必見です!この「その他」は削除できちゃうんですよ!

使用状況の確認方法

PCに繋いで、「iTunes」で使用状況をチェックすることが可能です。

削除01

iPhoneからだと、「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」から見ることができます。

削除02

「その他」ってなにが入ってるの?

この「その他」には、アプリが一時的に記録したデータや、もう削除したアプリ内データなど、すでに不要になっているデータが多いようです。

「その他」を削除しよう!

方法がいくつかありますので、ご紹介しますね(=゚ω゚)ノ

アプリの削除

先ほどのiPhoneでの使用状況確認から容量の大きいアプリを削除します。
「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」から容量の特に大きいアプリを削除してみましょう。
理由としては、アプリの中に要らないファイルが蓄積されて容量を大きくしている可能性があるからです。Apple純正アプリ以外ですと、そのファイルが「その他」に分類されてしまう時もあるので、アプリを削除してから再インストールで容量が減ることもあるのです。

データの削除

要らないデータを削除してみましょう。例えば、Safariの「リーディングリスト」です。オフラインでも読めるようにWEBページをiPhone本体に保存するのでこまめに削除した方が良いのです。

1. リーディングリストを一括削除

「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」→「Safari」→「リーディングリスト」を左にスワイプすると「削除」という赤いボタンが出ますのでタップで削除になります。

削除03

2. リーディングリストをひとつずつ削除

「Safari」を起動して、本のマーク(ブックマーク)をタップします。
画面上部のメガネのマークをタップして、削除したいリーディングリストを左にスワイプして「削除」ボタンをタップです。

削除04

3. 履歴の削除

「Safari」内に残っている履歴の削除も有効です。
「Safari」→「本のマーク(ブックマーク」」→上から2段目「履歴」→画面右下「消去」→特にこだわりのない方は「すべて」にしましょう。
これで削除できます。

削除05

4. iPhoneの簡易リセット

iPhone側の計算ミスということもあるので、リセットします。
1. スリープボタンとホームボタンを長押ししましょう。
Appleのロゴが出たら手を離します。
2. パソコンと繋ぎながら、簡易リセットします。
同期させた後、ホームボタンとスリープボタンを長押し。
Appleのロゴが出たら手を離しましょう。

5. 復元

「バックアップ」を先にします。バックアップが完了してから次の手順を試してみてください。

  1. iPhoneとPCを繋げて、iTunesを開きます。
  2. 「○○のiPhone(iPhoneの名前)」をクリックします。
  3. 「概要」内の「復元」をクリックします。
          ※「バックアップから復元」ではなく「復元」です。
  4. 復元作業が始まりますので、絶対にPCからiPhoneを抜かないでください。
  5. 「新しいiPhoneとして設定」と「バックアップから復元」と表示されますので「バックアップから復元」を選択し、「続ける」をクリック。
  6. 終わるまで待ちましょう。
  7. 復元が完了したら、同期が始まります。終わったらPCからiPhoneを抜いてもOKです。

いかがでしたか?その他容量、減りましたよね!写真や音楽は外部クラウドサービスもたくさんありますので、そちらに移してみるのも空き容量確保に繋がりますよね!要らないものは削除して、スマートにiPhoneを使っていきたいですね。

(作成者:.M.W)

上部へ戻る