メールとカレンダーが連動!スケジュール管理が便利に!

小技

icon

標準メールと標準カレンダーの連携がさらに便利に進化したことをご存知ですか?見れば「これか!」と思われるのでは?

最近メールを受け取って、こんなバーが出ていることに気づいたことはありませんか?この表示、メール本文に日付や日付を設定できる記述があると発生します。ダイレクトに日付が書いてあるのはもちろん、「来週の火曜日」なんて記述でも感知してくれます。

calendar_01

日付らしきものが書かれた本文にリンクが張られ、タップするとカレンダーに登録できる、というのは従来と変わらないのですが、このリンクが発生するメールの上部には必ずこのバーが表示されるようになったようです。このバーの「追加」というリンクをタップすると、イベント登録画面にダイレクトに移動できます

calendar_02

メール本文にどれだけの情報が書いてあるのかにもよりますが、必要な項目は入力済みの登録画面から、タイトルなど、足りない所だけ追加してあげて、右上の「追加」をタップすれば、標準カレンダーへ登録完了です!

calendar_03

試してみました。メールに住所がきちっと入力してあればイベントに住所が登録され、地図も見られます。会場のURLを書いてあれば、それはイベント内容にもちゃんと表示されています。「メッセージをメールで表示」をタップすれば、元のメールも見られるんです。

calendar_04

この時イベントが登録されるのはもちろん標準カレンダーです。メインで使っているのが標準カレンダーではない場合、スケジュールの同期相手に標準カレンダーを追加してあげることができるアプリなら、普段お使いのアプリにもそのまま表示が可能です。

calendar_05

いかがですか?
メールでスケジュールを連絡し合うようなイベントがあった場合は、この機能を使わない手はないでしょう。ぜひ試してみてくださいね!

(作成者:I・Y)

上部へ戻る