標準アプリで撮れる!ちょっと横長な写真

小技

アイコン

最近よくネット上で見かけるちょっと横長な写真。16:9の比率で撮られているんですが、これ、iPhoneでも気軽に撮れるって知ってましたか?

16:9の写真は標準カメラアプリで撮れます!

iPhoneの標準カメラアプリを起動すると、通常スクエアパノラマと3種類の写真が撮れます。この「標準」は4:3ですので、そんなに横長ではありません。

画像1

ちょっとシネマっぽい雰囲気が出せる16:9の写真は、実は、このメニューの中の「ビデオで撮ります!ビデオモードにして赤いボタンをタップして対象を録画し始めましょう。

画像2

動画撮影が始まると、シャッターの隣に白いボタンが出てきます。これは動画撮影中に静止画を撮るためのシャッターボタンです。これをタップして、写真を撮ります。

画像3

すると、出来上がった写真は見事に16:9の横長サイズです!別途カメラアプリなどを導入することなく簡単に撮れてしまいますよ!写真アプリ内で確認すると、動画と写真が両方保管されていますので、動画の方は必要なければこまめに消すようにしましょうね!

いかがですか?
横長の写真で、新たな世界を切り撮ってみましょう!

(作成者:Y.I)

上部へ戻る