ちょっとしたポイントですごい差が!料理を綺麗に撮影する方法

小技

20160119_ryori_icon

SNSの定番ネタともいえる、美味しい食べ物の写真ですが、思ったように撮れないなぁ…と感じたことはありませんか?

そんな時は今回ご紹介するポイントに注意してみてください!

フラッシュはNG

料理を撮る際には、フラッシュはOFFにしておきましょう!フラッシュの光は強すぎるので料理が不自然な平面に見えてしまいます。あまりにも暗い時は場所を変えるなどの工夫をしましょう。

20160119_ryori_001

また、料理の場合、斜め上からの逆光がいい感じに写ります。撮影する時には照明の位置を意識してみましょう。

構図を意識する

ただ真中に置いて撮影すれば美味しそうに写るとは限りません。料理が最も美しく見える角度を探しながら撮影しましょう。時には一部分をアップにするのも効果的です。

20160119_ryori_002

またなるべく余分なものが写り込まないように気をつけます。

色味の加工で美味しそうに

撮った写真が何だかイマイチな場合、色味がくすんでいたり、明るさが十分でないことが原因の場合もあります。アプリなどを使って修正すると、鮮やかな立体的な写真に仕上げることができます!

青みがかってしまった時は、白い部分を基準にして温かい色味に調整してみましょう。

20160119_ryori_003

アプリで強調したい部分にフォーカスを行うのも効果的です。

ポイントを押さえるとこんなに差が!

適当に撮った写真と今回ご紹介したポイントを意識しながら撮影した写真を比較してみます。

before

20160119_ryori_004
after

20160119_ryori_005

20160119_ryori_006

“美味しい”がたくさん詰まったアプリ、「appeti」のInstagram公式アカウントの写真は、iPhoneで撮影されているものだとか!コツを掴むと、こんなにおしゃれな写真も撮れるようになるんですね。

160129_ryouri
過去記事:食にこだわる方必見のトレンド情報が届くアプリ!

いかがでしたか?ぜひ食べ物を撮影したり、SNSにアップする時には参考にしてくださいね!

Photo:写真AC

(作成者:meisa)

上部へ戻る