記事で紹介しているアプリ
IFTTT

Instagramの投稿画像をTwitterに反映させる方法

初心者入門

icon

Instagramの投稿をTwitterにも反映させると画像がURL表示になってしまいます。今回は投稿した画像をTwitterに反映させるアプリをご紹介します!

まずはInstagramの機能を使って投稿記事(画像含む)をTwitterと連携させてみましょう。投稿の最終画面で「Twitter」を選び「シェア」をタップします。Twitterで確認すると記事は連携されていますが画像はURL表示になってしまいました

renkei_01

renkei_02


IFTTTのダウンロード

Instagramへの投稿画像をTwitterでも反映させるにはIFTTTという連携アプリを使用します。“App Store”で“IFTTT”と検索しましょう。ダウンロードが完了したら“IFTTT”を起動します。

renkei_03

renkei_04


IFTTTへのサインアップ

オープニング画面を進めるとIFTTTのサインアップを求められます。任意のメールアドレスとパスワードを入力し「Create Account」をタップしましょう。(メールアドレスとパスワードを入力することでIFTTTのアカウントが作成されます。InstagramやTwitterとは別のアドレスでも問題ありません。)

renkei_05


IFTTTの設定①

IFTTTを起動したら、右上の「どんぶり」マークをタップします。続いて、「+」マークをタップしましょう。

renkei_06

renkei_07


IFTTTの設定②

次の画面では「むしめがね」マークをタップし、“Share your Instagram pics as native Twitter photos”を探します。検索キーワードは「Instagram」と「Twitter」となりますが、「insta(半角スペース)twi」でヒットします。

renkei_08

renkei_09


IFTTTの設定③

いよいよIFTTTを使ってInstagramとTwitterを連携させます。肯定的なボタン(水色や緑のボタンです)を押しながら画面を進めていきましょう。InstagramやTwitterアカウントへのログインを求められる場合はそれぞれ入力します。

renkei_10

renkei_11


IFTTT設定完了

IFTTT側でInstagramの設定とTwitterの設定が完了すると“Ricipe Created”と表示されます。これで連携処理は完了です。「Done」ボタンを押下して画面を閉じましょう。

renkei_12


Instagramから投稿してみよう!

【注意!】これまでTwitterに投稿を反映させる場合「Twitter」ボタンを押していましたが、すでにIFTTTがアプリ間の連携を取ってくれているので「Twitter」ボタンを押してはいけません。画像の加工が終わったら「シェア」をタップしてそのまま投稿しましょう!

renkei_13

Instagramに投稿したのと同様にTwitterでも画像が表示されるようになりました!!一度設定が完了したら次回からは普通に投稿するだけでOKです(“´∀`)b グッ!

renkei_14

いかがでしたか?
Twitter側でもInstagramの画像がそのまま反映されるのでますますシェアしやすくなりますよね!是非ご活用ください♪

IF by IFTTT/無料

iconAPPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:A・A)

上部へ戻る