記事で紹介しているアプリ
Dropbox

EvernoteとDropbox、使い分けの方法

小技

アイコン

最近流行りのEvernoteやDropbox、違いは何?って思ったことはありませんか?
確かに似ている機能が多いですよね。今回はその違いについて説明します。

DropboxとEvernote

データを共有するならDropbox、メモをしたいならEvernoteと言われていますが、どういうことなのでしょう。
Dropboxはパソコンのようにデータを保存し、離れた場所にいる人ともインターネットを介してデータを共有できます。

de_01

一方、Evernoteは、メモをつけることが可能です。

de_02

大量のデータのやりとりはDropboxが向いており、メモをつけたり写真をつけたりコメントを入れたり、メモ的な要素が絡むとevernoteが向いているのです。
つまり、写真のアルバムを作る時、コメントなしで大量に写真を入れるならDropbox、コメントをつけて保存したいのならevernoteというわけです。

また、単純なデータ量はDropboxが上ですのでデータ量の多いやり取りもDropboxがおススメです。

de_03

また、ウェブページを保存したいという時はDropboxよりもEvernoteです。
かんたんに保存も閲覧もでき、ファイル検索も優れています。

de_04

いかがでしたか?このように目的ごとに使い分けることで、断然サービスが使いやすくなりますよ!意識して使い分けてみてください!

Dropbox/無料

APPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:W・M)

上部へ戻る