いざという時のために!iPhoneバックアップのおさらい

初心者入門

アイコン

もしもiPhoneが故障してしまったら?想像するとぞっとしますが、そんな時のために備えておきたいのがバックアップですね。今回はiPhoneのバックアップについておさらいしてみたいと思います。


iCloudでお手軽バックアップ

iPhoneのデータバックアップには大きく二通りの方法があります。一番手軽なのはiCloudで同期するバックアップ。寝ている間に終わるので、面倒なこともないのが魅力です。

バックアップ_01

iCloudでのバックアップには、Wi-Fiに接続していることと、電源に接続されていること、そしてiCloudの容量が十分あることが必要です。これらが満たされていれば、設定アプリからiCloudのバックアップをオンにしておけば寝ている間にバックアップ完了です。

とはいえ、iCloudの容量追加は有料ですので、初期値の5GBでミニマムのバックアップを取っておきたい。という場合は、バックアップする項目を絞り込むことができます。設定アプリからiCloudを選んで、「容量」→「ストレージを管理」を選びます。

バックアップ_02

ここで表示されるiPhoneをタップし、どのアプリのデータをバックアップ対象にするかを一つずつ設定して、サイズを調整しておけば安心ですね。

バックアップ_03


iTunesでしっかりバックアップ!

アプリやデータをすべて、連絡先などの情報もまとめて完全にバックアップしておきたいならパソコンへ。iTunesへ接続することで、バックアップを取ることができます。

パソコンにiPhoneをつないだ状態でiTunesを起動したら、上部に出てくるiPhoneのアイコンをクリックしてバックアップを選択しましょう。

バックアップ_04

バックアップ_05

バックアップ先を「このコンピュータ」にして、「今すぐバックアップ」をクリックすればOK!この時、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックして、バックアップ専用のパスワードを設定しておけば、Safariで使っている各サイトのログインパスワードなどの情報もまとめてバックアップできます。

バックアップ_06

今回はおさらいの意味でバックアップ方法を改めてご紹介してみました。いざという時のために、時々はバックアップを取るようにしたいですね!

(作成者:Y・I)

上部へ戻る