iPhoneが水濡れ!明暗を分ける覚えておくべきその後の対応

初心者入門

icon

携帯の水濡れ。気を付けているつもりでも、不慮の事故というのは突然起こるもの!梅雨の時期、またレジャーで海やプールに行く機会も多いこの時期。大事な携帯が濡れてしまった時の対応を紹介します。


iPhoneが水被害!焦らず対応するためには

携帯電話事故の代表的なものは、やはり「水被害」。
気を付けて行動していても「あ!やっちゃった!!」ってことありませんか?
その瞬間、iPhoneのその後の明暗を分けるのはあなたの行動次第です。
万が一の時に備えて、次の事項を覚えておきましょう。

mizunure_01

Photo:ぱくたそ


応急処置

iPhoneが濡れた!
焦らず、落ち着いて次の行動をとりましょう。

【電源を切りましょう】

  1. iPhoneの右側にあるスリープボタンを5秒程度長押し。
  2. 「スライドで電源オフ」の画面が出たらスワイプして電源オフ。

完全に乾ききるまで電源はオフ!

【iPhoneケース、カバーを外す】
ケースやカバーが濡れていたら、その水がiPhone内に染み入る可能性も。すみやかに外しましょう。

【乾いたタオルでそっと包んで拭く】
水気を取るため、乾いたタオルで拭きましょう。

mizunure_02

Photo:写真AC


明暗を分ける「水濡れマーカー」

良く耳にする「液体侵入インジケータ(水濡れマーカー)」
水に濡れるとマーカーが赤色になり「この携帯は水濡れした」と判断されるアレです。

その「水濡れマーカー」が赤色になると、Apple Careの保証の対象外と判断されとっても残念な結果に・・・・。

それだけは、絶対に避けたいっっ!!

mizunure_03

image:Pixeden


水濡れダメージが大きい場合

iPhoneの水が浸入しやすい場所は、イヤホンジャック、Dock・Lightningコネクタなど。
その侵入しやすい箇所に「水濡れマーカー」はあります。

水濡れマーカーが赤くならないために水が入っていそうな部分全て、ティッシュなどでこよりを作って水気を取るようにしましょう。


SIMカードを守れ

更に、SIMカードも守りましょう。

iPhoneの右側側面、スリープボタンの下にSIMカードはあります。
※機種によって場所は異なります。こちらから確認してください。

SIM取り出しツール、またはクリップ等をうまく使用して小さな穴に差し込みトレイを開けます。

その後、ジップロックに乾燥剤と一緒にiPhoneを入れて密封し、乾燥する時を待ちましょう。


【NG行動】これだけは絶対にダメ

水濡れして、ついやってしまいがちなこと・・・
でも、これだけは絶対にダメ!NGです!!!

【電源を入れる】
「電源付け!」と焦る気持ちはよ~く分かります。でもダメ!
万が一、水が本体まで入っていた場合、電源が入ると故障します。

【ドライヤーで乾かす】
乾かしたい一心で取る行動。でもダメ!!
iPhoneに急激に熱を加えてはいけません。

【iPhoneを振って水気を飛ばす】
人が水分を飛ばしたい時につい取りがちな行動。でもダメ!!!
もっと更に本体の奥まで水が入ってしまう可能性があります。

以上、万が一iPhoneが水被害を被った時の応急処置でした。
状況次第では、速やかに電源をオフにしたまま修理に持っていくようにしましょう。

いかがでしたか?
まさかは突然起きるかも?!万が一の時の為に、知っていると知らないでは大きな差があるのかもしれません。覚えておきましょう(´・ω・`)

(作成者:T・S)

上部へ戻る