知らない間に通信量増えてない?制限されない工夫をしよう

特集

icon

通信量が以前よりも増えているなんて方いらっしゃいませんか?知らない間にモバイルデータ通信していると、やはりその分請求されてしまいますよね。そんな時のための設定があるんですよ!

モバイルデータ通信

「モバイルデータ通信」は、電話会社のネットワークを利用して通信を行うことなので、Wi-Fiとは関係ないと思う方もいらっしゃると思います。実際、Wi-Fiがないときはこの回線を使うんです。

さらに、モバイルデータ通信では、1ヵ月で使える通信量は決まっており、それ以上を超えると制限されてしまうんですよね。つまり、知らない間にモバイルデータ通信をたくさん使ってしまうと、Wi-Fiのない場所に出てしまったらその途端に制限されていたなんてこともあり得るんですよ。

01

Wi-Fiアシスト

「Wi-Fiアシスト」これがWi-Fiなのにモバイルデータ通信を使っているんです。

この機能は、Wi-Fiへの接続が不安定な時にモバイルデータ通信に切り替えて、スムーズに動画やアプリのダウンロードをするという機能なんです。

しかも、iOS9にアップデートされてから追加された機能。標準ではオンなので知らずにオンになっている方が多いんです!

02

Offにしよう

通信量が多くなる原因が判明したところで、Offにしましょう。

設定から、「モバイルデータ通信」と進み、「Wi-Fiアシスト」をオフにしましょう!

03

この時、「Wi-Fiアシスト」の下に何か書いてあると思います。これが、この機能で使われている回線の使用量です。Wi-Fiしか使っていないのにこれが多い人は、注意が必要です。

04

普段からWi-Fiをオンにしっぱなしにして不安定なWi-Fiに接続時に、動画を見たりアプリのダウンロードをすると、Wi-Fiアシストが使われる原因になるので、必要のない時や後でもいい時はやめておいた方が良さそうです。

なんでも、Wi-Fiアシストが追加されたことを知らずに使ってしまった家族の請求が24万円を超え、訴訟問題になったそうです。私たちも気を付けて使いたいですね。

アプリごとに制限

勘のいい人は気づいているかもしれませんが、先ほどのWi-Fiアシストの上にあるアプリの下の数字が、このアプリで使用したモバイルデータ通信量になります。まったく使っていないアプリやWi-Fiがある場所でしか使わないアプリもあると思います。これらも更新などでデータ通信しているんです!

05

これらも、必要がなければオフにしておくとモバイルデータ通信中は使うことができなくなります。Wi-Fiがあればいつも通り使うことができますよ。ついよく開いちゃうFacebookやTwitter、通信量の多いゲームのアプリなどはオフにしておくと、自制とバッテリー節約、さらには通信量も節約できちゃうという一石三兆でお得ですよ♪

いかがでしたか?普段の便利さを優先するか、通信量を優先するかは人それぞれですが、今一度設定を見直してみてはいかがでしょうか?

(作成者:W・M)

上部へ戻る