記事で紹介しているアプリ
Loooks Google Authenticator

iPhoneをガッチリ守ってくれるセキュリティアプリって?

初心者入門

icon

知らずのうちに個人情報やID・パスワードが盗まれ悪用されるという話を聞きますよね。不安という人は、セキュリティ用のアプリを使ってみてはいかがでしょう。

Loooks

「Loooks」は画像の情報を管理するアプリです。iPhoneやデジカメなどで撮影した写真には、「撮影日」や「ファイルサイズ」などのほか、どこで撮影したのかが分かる「緯度」や「経度」といった情報が付与されているケースがあります。

01

こうした情報を写真から盗まれると、自宅の場所が特定されてしまいかねません。

Loooksは、これら情報を削除する機能を備えています。iPhoneで撮影した写真の中で、位置情報を含むさまざまな情報を削除できます。

02

一括して削除することもできます。これなら、自宅で撮影した写真をSNSなどにアップしたとしても、誰かに自宅の場所がバレる心配もありませんね。

03

Loooks/無料

iconAPPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

Google Authenticator

一方、ログインIDとパスワードを盗まれると、サービスを勝手に使って買い物されたりする被害も…。そんな被害に遭わないようにするアプリが「Google Authenticator」です。

04

これは、2段階認証と呼ぶ認証方式を用いるときに使うアプリです。2段階認証とは、IDとパスワードに加え、確認コードを使って認証できるようにする仕組みで、Google Authenticatorは確認コードを発行するための機能を備えています。

Google Authenticatorは、Googleのアカウントを利用するサービスに使えます。事前にGoogleアカウントでログインするときは、2段階認証を用いるよう設定しておきます。

05

あとは、Google Authenticatorにアカウントとキーを登録しておけば、ログイン時に確認コードが発行されるようになります。

06

IDとパスワードのほかに確認コードも入力してログインするのは面倒かもしれませんが、安全性は格段に高まるので、心配な人にはオススメです。

Google Authenticator/無料

iconAPPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

これらは一例に過ぎません。セキュリティ対策は「これで完璧」ということはありません。少しでも不安を解消するため、できるだけの準備をし、情報漏えいなどに備えておくとよいでしょう。みなさんも、これらのアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

(作成者:T・O)

上部へ戻る