記事で紹介しているアプリ
Pokémon GO

【ポケモンGO】あなたは大丈夫?Googleセキュリティ設定

特集

icon

ポケモンGOのアップデートでの強制ログアウトって、データが消えたんじゃないかと思ってしまいますよね。そこで、本当に自分のデータを消さないための対策をしましょう♪

セキュリティの設定が必要なワケ

ポケモンGOでは、アップデート時に強制ログアウトさせる時もありますし、なんらかの影響でログアウトが切れてしまう、アプリが消えてしまった等もあり得ます。そういった時に、パスワードを忘れてしまった、メールアドレスを忘れてしまった、なぜかログインできないということが起こるかもしれません。

ポケモンGOでは、「Google」と「ポケモントレーナークラブ」のアカウントに関連付けて保存されているため、アカウントにログインできないとデータが消えてしまうのです。

また、Googleアカウントの設定にも注意してください。乗っ取りがかんたんにできる状態や、不要な個人情報まで表示されてしまう状態では、危険です!

早速以下の項目をチェックしてみてください。

パスワードを再設定するためのメールアドレス

再設定用のメールアドレスはGoogleのアカウントにログインして、メニューを開き、「アカウント」をタップします。

01

「ログインとセキュリティ」をタップして「再設定用のメールアドレス」をタップ。ここにメールアドレスを設定をしておきましょう。こちらは、できればいつも使う、忘れないメールアドレスをにすると忘れたときなどに安心です。

02

2段階認証

これを設定すると、Googleにログインする時に、メールアドレス・パスワード以外にもう1つ入力するようになります。しかし、乗っ取り対策にはすごく有効です。

再設定用のメールアドレスはGoogleのアカウントにログインして、メニューを開き、「アカウント」をタップします。

「ログインとセキュリティ」をタップしたら、「2段階認証プロセス」から設定することができます。電話番号やSMSが必要です。

03

この確認コードを受け取るのにアプリ、Google Authenticatorがあるので利用して便利に2段階認証しましょう♪

パスワード再設定

1番大事なのがパスワードです。使いまわしをしていたり、かんたんにわかるような誕生日や自分の名前等を使っている人は今すぐ変更しましょう!

04

個人情報

他のサービスにもこのアカウントを使用している方は、ここも要チェックしてください。

左上のメニューから「個人情報とプライバシー設定の指定」をタップ。「アクティビティの管理に移動」をタップ

05

「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにしましょう。

06

「個人情報とプライバシー設定の指定」に戻り、「マイアクティビティに移動」をタップ。Googleが保存していたデータがあるので確認・削除ができますよ。個人情報に繋がるデータは削除した方が安心ですね。

07

広告設定

左上のメニューから「個人情報とプライバシー設定の指定」内の「広告設定」をタップ。「広告設定を管理」をタップして「広告のカスタマイズ」をオフにしましょう。これは、広告がなくなるという設定ではなく、年齢やサイトの閲覧利益などからユーザーに興味のありそうな広告を表示するという機能です。

08

いかがでしたか?Googleアカウント自体のセキュリティや設定がしっかりしていなければ、かんたんにアカウントの乗っ取り・データの改ざんなどが起こってしまうかもしれないので、しっかり設定しましょう♪

Pokémon GO/無料

iconAPPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

(作成者:W・M)

上部へ戻る