【iOS 10】時計アプリの新機能!ベッドタイムってなに?

特集

icon

時計アプリは、iOS 10で見やすく、さらに使いやすく進化しましたが、新機能の「ベッドタイム」、これっていったいなんなんでしょうか!
1

ベッドタイム=就寝時間

ベッドタイム、と言われるとなんとなく、寝る時間やベッドに入って部屋を暗くする時間を想像すると思います。ズバリ、その通りなんです!
2
ベッドタイムとは、睡眠の質を上げる機能なんです。アラームは、寝る前に目覚ましとして設定することが多いと思いますが、就寝前に明るい画面を見ると眠りにつきにくくなったり、眠りが浅くなるんです。ですが、時計のアプリの背景が黒に変更されたことによって、画面の明るさを抑えてくれるので、ベッドタイムと相性が良いんですよ(*^^)v

ベッドタイムの設定

時計アプリを開き、下のメニューの中央の「ベッドタイム」を選びましょう♪
3
起床時間を選択します。5分刻みですので、大体の時間を設定できますね。
4
アラームをオフにしたい曜日を選択します。土日は休みだったり、定休日が決まっていたりすると選びやすいですよね。
5
何時間普段睡眠してるか、何時間睡眠すると調子がいいか、何時間睡眠したいかを考えて睡眠時間を選択します。睡眠時間を普段意識していない方は、iPhoneが案内してくれている通り「8時間」を選ぶとよいでしょう。
6
就寝時間のお知らせを受け取るリマインダーを設定できます。ゲームに没頭してしまったり、勉強していると、時間がわからなくなりますよね。お知らせしてくれるので、いつもと同じ就寝時間にベッドに入れるように、何分前にお知らせしてほしいか選べるんです。
7

アラーム音を設定します。普段設定できるアラーム音より、増えているんです!癒し系のアラーム音で気持ちよく起きれるように、揃えてくれているんですね!
アラーム音の名前をタップで再生でき、選択した状態で右上の「次へ」をタップで進みます。
8

最後にiPhoneから規則正しい睡眠への案内が表示されます。何時間寝ていればOK!というものではなく、同じ時間に就寝し、同じ時間に起床するというのが規則正しい生活ですので、意識して生活してみましょう!

あとから変更も可能!

設定されているベッドタイムの変更も可能なんです!ベッドタイムを選択して、左上の「オプション」から、先ほど選んだ設定の見直しができます。
9
アラームの時間ももちろん変更可能!ベルのマークを指でなぞることで、起床時刻・就寝時刻の変更が気軽に行えます。ベッドタイムそのものをオフにしたい場合、上の「ベッドタイム」のスイッチをオフにしましょう。

ヘルスケアアプリに記録されてます

ベッドタイムでiPhoneが記録した睡眠の履歴は、ヘルスケアアプリから確認することができます。

睡眠というものは心身ともに影響するものです。人によって必要な睡眠時間は違いますが、規則正しい生活を心がけて、健康を保ちましょう(*^-^*)

(作成者:W・M)

上部へ戻る