【質問】Safariの検索履歴や閲覧履歴の削除ってできませんか?

icon

トリセツ編集員によるiPhoneお悩み相談のコーナー!(。・∀・。)ノ今回はこちら!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【質問】Safariの検索履歴や閲覧履歴の削除ってできませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

iPhoneで使うブラウザを「Safari」にしている人は多いはず。しかし、使い方の中で、検索や閲覧した「履歴」をどうやって削除すればいいんだろうと困っている人もいるのでは。実はとっても簡単に削除できちゃうんですよ。

Safariの閲覧履歴削除法

まずは閲覧履歴から。Safariを開き、画面右下にある本型のアイコンをタップします。

01

ブックマーク」にある「履歴」をタップします。

02

すると、これまでにアクセスした履歴が一覧になって表示されます。このとき、画面右下にある「消去」をタップすると、履歴を削除できます。

03

ちなみに「消去」をタップすると、「すべて」や「直近1時間」など、消去する履歴を選べるようになります。

04

特定の履歴を1つだけ削除したいときは、その履歴を左側へスワイプすると「削除」というボタンが表示されます。タップすることで削除できます。

05

次に「検索履歴」を削除しましょう。実はSafariの場合、閲覧履歴を削除することで検索履歴も削除されるようになっています。

Safariでは検索窓にキーワードを入力すると、閲覧履歴に基づいた検索候補が表示されます。このとき閲覧履歴が削除されていると、検索候補も閲覧履歴を参考にできなくなるわけです。

06

つまり検索履歴は、閲覧履歴を削除することですべて削除できるようになるんです。

ちなみに閲覧履歴に基づいた検索候補を表示させなくすることもできます。

「設定」から「Safari」を選び、「トップヒットを事前に読み込む」をオフにしましょう。これで閲覧履歴と検索候補の関連付けをなくすことができます。

07

Safariの履歴を保持する機能は、後でもう一度同じサイトを呼び出したり、同じキーワードで検索したりするときに大変便利です。しかし履歴が残っているとかえって困るというケースもあります。その時々に応じて、履歴を残すか消すか使い分けるようにしておくとよいでしょう。

まずは履歴の削除方法をしっかりと覚えておいてくださいね。

(作成者:T・O)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事