無料アプリは何で成り立ってるの?その理由を解説します!

アプリレビュー

store

こんなに便利なアプリなのに無料?!
どうやって利益を出しているんだろう・・・(*’ω’*)?!

なんて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。アプリ全体の9割は無料アプリだそうですが、何を隠そうトリセツも無料ですよね!ではその仕組みを解説していくとします!

広告

例をあげると、アプリ画面の下部によく見かけるバナー広告、これが「広告」収入です。多くがクリック、または表示される度に対価が発生し、その広告を依頼した業者から、無料のアプリを提供している企業に対していくらかの謝礼金が支払われると言うシステムが採用されることが一般的です。

130829_2_2

アプリ内課金

ゲームアプリなどでよくみかける「アプリ内課金」。例をあげるとアプリ内で使える通貨やアイテムの購入には「課金」が必要だったりしますよね。基本的な機能は無料で利用できるけど、もっとよりよい機能を使うためにユーザーが「課金」をすることで開発側は収益を得ることが出来るのです。また、お試し版は無料だけど気に入ったら有料版へ・・なんていうケースもあります。

130829_2_1

無料アプリの全部がこのようなケースで収益を得ているとは限りませんが、今回は代表的な例をあげて紹介させていただきました!

上部へ戻る