【質問】電池残量の表示がおかしいと感じた時の対処法は?

アプリアイコン

トリセツ編集員によるiPhoneお悩み相談のコーナー!(。・∀・。)ノ今回はこちら!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【質問】電池残量の表示がおかしいと感じた時の対処法は?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

iPhoneを使っていて、「電池の残量を示すアイコンがどうもおかしいな…」と思ったことありませんか。例えば十分に充電したにもかかわらず、電池残量が50%をきっていたり、逆に電池残量は100%近いのにiPhoneが突然シャットダウンしてしまったり…。実はこうしたケースって意外と多いんですよ。

トラブルの原因とかんたんな解消法

どうしてこんなことが起こるんでしょう。1つはiPhoneの寿命が影響しています。長く使っているとバッテリーが劣化し、フル充電できたとしても電池をあっという間に消費してしまいます。

もう1つは表示の不具合も考えらます。これはバッテリーの寿命に関係なく、iPhoneユーザーなら誰でも起こりうるトラブルです。

では不具合かどうか見分け、どのように解消するのがよいのでしょう。電池残量を示すアイコンの表示を「%」で示すよう設定を変更してみましょう。
「設定」→「バッテリー」にある「バッテリー残量」をオンにします。
すると、タスクトレイに表示されている電池残量のアイコンが「%」であらわされるようになります。

01

バッテリーの残量を正確に把握するには、専用のアプリを活用するのも手です。iPhoneアプリの中には、バッテリーの減り具合や、どのアプリがバッテリーを多く消費しているのかなどを調べられるものがあります。

例えば「バッテリーレポート」は、バッテリーの減り具合をグラフで表示します。

02

温度や負荷の状況もわかるようになっています。

03

そのほか、電池残量の表示がおかしいと思ったら、一度バッテリーを空にし、完全に放電したあと、フル充電してみる方法もあります。残量を0%にしてからフル充電すれば、残量を正確に認識できるようです。

表示の不具合にはいろいろな原因と対処法があります。まずはいくつか試し、不具合を解消できるかチェックしてみましょう。

バッテリーレポート フル版 – Battery Report 複数台のバッテリー残量記録・一括管理・グラフ表示)/無料

APPをダウンロードする

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

————————————————————-
皆さんが疑問に思っている【質問】ネタを募集中です(≧▽≦)iPhoneのことや、こんなアプリない?などなんでもOK!コチラからレビューに投稿してください♪
————————————————————-

(作成者:T.O)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事