スマホの容量確保にやっておきたい、カメラアプリに関する小技☆

アプリアイコン

iPhoneの標準カメラアプリは、フィルター機能もありキレイに撮影できますよね♪
撮影する際「Live Photos」手動切り替えにして、データ量をおさえることができますよ。

01

「Live Photos」機能をオフに設定しましょう

今回ご紹介する小技は、撮影の前後1.5秒ずつを含む「Live Photos」という機能を基本的にオフにしておくというものです。
その方法ですが、設定アプリを起動→下の方へスクロールし「カメラ」をタップします。

02

続いて、「設定を保持」をタップして開いてください(`・ω・´)

03

この画面になりましたら、「Live Photos」のチェックマークを外しましょう!

04

ここのチェックマークがオンになっていると、標準カメラアプリを起動した時いつも「Live Photos」モードの状態となってしまいます。

カメラアプリを開いてからオン・オフ切り替えられます

基本的に「Live Photos」で撮影しないことで写真データ容量を節約できますが、「Live Photos」モードにする場合は1タップで切り替えられますよ(*´ー`*)/
カメラアプリを起動したら画面上の中央にある3重丸のようなアイコンをタップし、黄色くなっていれば「Live Photos」モードが有効となります。

05

いかがですか?
いつもなんとなく「Live Photos」で撮っていたという方は、一度設定を見直してみてくださいね♪

(作成者:sacco)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事