寝る前は少しでも目にいたわりを!画面の色を反転させる小技☆

アプリアイコン

忙しいと落ち着いてゆっくりiPhoneを触れるのは夜、寝る前だけという方もいるのではないでしょうか。
色を反転させることで少しでも目を疲れないようにする小技です。

読み物など文字が多くても読みやすい

それでは実際に画面が反転するように設定を変更してみます。
設定アプリを開き、「一般」をタップしてください。

01

続いて「アクセシビリティ」をタップしましょう( ^ω^ )

02

次に「ディスプレイ調整」をタップします。

03

次の画面で、「色を反転」という項目が登場しました!
こちらをタップして進みましょう。

04

「反転(スマート)」オンにします。これで背景が白→黒くなったり、他の色も反転して表示されますよ。
「反転(スマート)」の場合写真アプリ内の写真は、反転せずにそのまま表示されます。

05

「反転(クラシック)」をオンにした場合、既存の写真なども全て色が反転した状態で表示されます。

スクリーンショットに注意

「反転(スマート)」に設定後カメラアプリで撮影した場合は、反転することなく撮影・保存できます( ´∀`)

06

一方気をつけたいのは、「反転(スマート)」に設定中、スクリーンショットを撮った場合です。
スクリーンショットを撮影すると、目に見えている画面が全て反転した状態で保存されてしまいます。

07

いかがですか?
スクリーンショットを撮る時は注意が必要ですが、メールチェック電子書籍などを読む場合は目が疲れにくくなりますよ!

(作成者:sacco)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事