真面目さん、神経質さんの為の!おやすみモード活用のススメ

小技

Settings

メッセージでの連絡やアプリの更新情報等をリアルタイムで通知してくれる、便利な便利なiPhoneの通知機能…

しかし、真面目な方や神経質な方は、通知がくると「反応しなきゃ…」となってしまって休みたいときに休めない;ω;なんて事態に陥っていたりしませんか?

2014_06_02_oyasumi06

Photo:写真AC

そのお悩み、通知がきても音やバイブが鳴らないようにしてくれる「おやすみモード」を活用すれば一発で解決するかもですよ!

というわけで今回は、真面目さん、神経質さんの為のおやすみモード活用のススメ

その1:就寝中はオンに!

まずは名前通りの使い方、寝る時オン!
実はこのおやすみモード、「設定」「おやすみモード」から時間帯を指定してオンにすることが出来るので、生活サイクルがある程度決まっている人なら…

2014_06_02_oyasumi01
2014_06_02_oyasumi02

寝る時間に合わせておやすみモードがオンになるように設定!これで、寝てたのにメッセージで起きちゃった…なんてこともなくなります!

その2:昼休み中もオンに!

お仕事中唯一の休憩時間であるランチタイム!なのにお仕事の連絡が…対応してたら結局ちゃんと休めなかった…;ω;

そんな、通知が来ると気が休まらない真面目さんは昼休み中もおやすみモードをオンにしてメリハリ!休むときはしっかり休みましょう!

2014_06_02_oyasumi04

おやすみモードは、コントロールセンターからでもワンタップでオンオフすることが出来ます!
休みたいときはとりあえずオン!

「でも、緊急の電話をとりそこねてしまったら…」なんて心配になってしまう方は、「設定」「おやすみモード」から「繰り返しの着信」をオンに!

2014_06_02_oyasumi03

これをすると、同じ人から3分以内に2度目の着信があった場合のみ通知されます!
本当に大切な連絡なら、何回もかけてくれるはず…と信じて設定しておきましょう♪

その3:映画鑑賞中や会議中なども!

本来は電源を切るべきなんだけど、大切な連絡があるかもしれないから電源は切れない…!
そんな時はおやすみモード+サイレントモードの二段構え!

2014_06_02_oyasumi05

これなら、極力周りの迷惑にならない形で重要な通知だけ受け取ることも!
おやすみモードだと、通知はこなくても不在着信の履歴などはしっかり残るので便利です。

 

いかがですか?こんなに便利なおやすみモード、活用しない手はないですよ!
過去記事:「おやすみモード」って何?

上部へ戻る