記事で紹介しているアプリ
Rookie Cam - フォトエディター、フィルターカメラ

【カメラテク】第1回 それが“手ぶれ写真”の原因かも!?

特集

Camera

意外と気にしていない方が多いと思うのですが、iPhoneは薄く軽いのでカメラが振れやすいのです・・・(´ヘ`;)
そこで、今回は誰もが経験するこの「手ぶれ写真を防ぐ対策」をご紹介します!

iPhoneの構え方!

多くの人がやってしまいがちなこの構え方、やっていませんか?

2014_06_30_cameratec-01-1

手ぶれしにくいiPhoneの構え方とは、

しっかり身体を固定させましょう。机や柱に寄りかかって固定するのもオススメです。

机があれば肘をついて三脚のように固定。脇を締めて腕はあまり伸ばさずに!

iPhoneをしっかりと包み込むように持ち、反対の手は軽く添えましょう。

2014_06_30_cameratec-02-1

シャッターの切り方!

●【基本1】シャッターボタンで撮る!

シャッターボタンは、指の腹部分を使って(指を立てずに)静かに優しくタップ。
デジタルカメラのようにボタンをぐっと押込むクセがある方は、優しく触れるくらいに意識すると振れにくくなりますよ!

2014_07_03_cameratec-01-1

iPhone側面の音量ボタンを押しても撮影できますが、ボタンを押込む方法は振れやすいのであまりおすすめしません。

●【基本2】イヤフォンで撮る!

イヤフォンの「+-音量ボタン」でもシャッターが切れます!
リモートボタンとしてイヤフォンコードの長さ分だけ離れて撮れるので、自撮りや数人で撮影するときにおすすめです。

2014_06_30_cameratec-03-1

●【中級小技】シャッターボタンを離して撮る!

ブレを防ぐには力を入れてシャッターボタンを押さない事が鉄則!どうするかというと、「シャッターボタンを長押ししてそっと離す」!

詳しくはコチラ:これで手ブレ無し!?シャッターを押す時の小技

skitch1_120930

ただしこの方法、iOS7では「バーストモード」と呼ばれる連写機能が追加されたことによりできなくなっています!
この機能を無効化するにはこちら↓

過去記事:【iOS7】標準カメラの長押し連写機能を無効化できる小技

手ぶれ防止機能があるおすすめカメラアプリ!

●Rookie フォトエディター

116種類ものフィルターが使えるオシャレカメラアプリ「Rookie フォトエディター」
無料アプリですが、「手ぶれ防止機能」が付いてますよ♪

2014_07_03_cameratec-01-2

Rookie フォトエディター/無料icon_2014_07_03_RookieDL

 

●Camera+

プロカメラマンも愛用している、多彩な機能を完備した有料カメラアプリ「Camera+」。
このアプリにもスタビライザー(手振れ防止機能)がありますよ♪

2014_06_30_cameratec-04

Camera+/¥200icon_2014_06_30_Camera+DL

いかがでしたか?
また手ぶれ写真になっちゃったな~という時は、ぜひお試しくださいね!
皆さんが素敵な写真をたくさん撮れますように~♪(○´∀`)ノ゙

※こちらで表記しているアプリの価格は、記事作成当時の価格になります。ダウンロードの際は、必ずお値段をお確かめください!

上部へ戻る