絶対にしちゃダメ!iPhoneが熱中症になった時に注意すべきこと

小技

icon_sns

これから世間はどんどん暑くなっていきますね!
それに伴って思い出してほしい、iPhoneも熱中症になる!?というこちらの情報!

過去記事:iPhoneも熱中症に!特に夏場の車内放置は気を付けて!

130718_2_1

iPhoneの熱中症(一般的には「熱暴走」といったりします)に関しての詳しいことは上の過去記事を読んでいただきたいんですが、要するにiPhone本体の温度が上がりすぎるとiPhoneによくないんです!

というわけで今回は、実際にiPhoneが熱中症になった時に注意すべきことをまとめました!

絶対にしちゃいけないこと!

iPhone本体が熱くなって上のスクショのような表示が急に出ると、慌ててしまいますよね!
ですが急激にiPhoneの温度を下げようとするのはNGなんです!

2014_07_02_necchusyo01

iPhone本体の温度が急激に下がると、iPhoneの中に結露(水滴)がついてしまい故障につながる恐れがあるんです!

【NGな冷やし方の例】
・保冷剤などをiPhoneに直接あてる
・iPhoneを冷蔵庫に入れる

安全にiPhoneを冷やすには

とにかく急激に温度を下げるのはiPhoneにとってとてもリスクが高い行為です!
なので、安全に冷やすためには放置する!これが一番安全です♪

2014_07_02_necchusyo02

【OKな冷やし方の例】
・日陰に放置
・涼しい部屋に放置
・扇風機の風が当たるところに放置

これらが一番安全かつ正しいiPhoneの温度の下げ方!
もちろん、そもそも温度をあげないようにiPhoneを使うのが一番ではあるんですが、もし熱くなってしまったらこちらの方法で冷ましてあげてくださいね!

いかがでしたか?皆さんも、皆さんのiPhoneも、熱中症にはくれぐれもご注意くださいね (੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

上部へ戻る