【カメラテク】第2回 写真が激変!?簡単ピント合わせのコツ!

小技

Camera

iPhoneで撮った写真がなぜかいつも、ピントが合っていない「ピンボケ」写真になってしまうという方、多いのではありませんか?
そこで、今回はちょっと気を付けるだけで写真が変わる!簡単にピントを合わせられるコツをご紹介します!

iPhoneカメラの「AF(オートフォーカス)」機能とは?

iPhoneのピント合わせはとっても簡単!
なぜなら、カメラを撮りたい被写体に向けるだけで、「AF(オートフォーカス)」が自動でピントを合わせてくれるからなんです。

2014_07_14_cameratec2-01

そして、もう一つは人の顔(だと認識したもの)を認識してくれる「顔検出AF(オートフォーカス)」が、自動でピントを合わせてくれます。
人の顔だと認識すれば、イラストでも人の顔がプリントされたTシャツでも顔検出をしてくれますよ!

2014_07_14_cameratec2-02

 

そんな優秀なiPhoneカメラでも「ピンボケ」写真になってしまう「ある③つの条件」があるんです!

①ピントが合う前に慌てて撮影した!

例えば、バースデーケーキなど「速く撮らなくちゃ!」という時。
「AF(オートフォーカス)」がピントを合わせるまで被写体によっては多少時間がかかるので、カメラを向けたら一呼吸置きましょう。

2014_07_14_cameratec2-03

②近づき過ぎて撮影した!

大好物の料理を撮る時にピンボケになりやすい方は、「近づき過ぎ」が原因かもしれませんよ。
画面をタップしてもピントが合わない時は、iPhoneのレンズから被写体までの距離を10センチ以上離してみましょう!

2014_07_14_cameratec2-05

③AF(オートフォーカス)が困る被写体を撮影した!

例えば下の写真のような画面の中に「近いものと遠いもの」が混同していると、AF(オートフォーカス)がどの被写体にピントを合わせていいのか困ってしまうんです!

2014_07_14_cameratec2-04

そんな時は、画面内のピントを合わせたい被写体を長押し「AE/AFロック」しましょう!

2014_05_29_shasin-02

いかがでしたか?
とっても簡単にできちゃう「AF(オートフォーカス)」「AE/AFロック」をマスターしてみてくださいね!
皆さんが素敵な写真をたくさん撮れますように~♪(○´∀`)ノ゙

関連記事:【カメラテク】標準カメラのピント調整でいい感じに撮る!

上部へ戻る