【解説】App Storeの新サービス「iTunes Pass」って何?

特集

AppStore

先日、App Storeに「iTunes Pass」という新サービスが登場しました!

2014_07_16_iTunesPass05

という訳で今回は、「iTunes Pass」の設定の仕方から実際の使い方、さらには「どういうときに便利なサービスなのか?」というところまで全部含めて解説しちゃいます!

何が出来るのかもっと詳しく!

どういうサービスなのか…一言でいうと、クレジットカードもiTunesカードもなくてOKな、全く新しい入金サービス

その実態は、お近くのApple StoreでApp Storeへの入金ができるようになるというサービスです!

2014_07_16_iTunesPass06

やり方もとってもカンタン!
後ほど詳しくご説明しますが、シンプルに言うと…

①標準アプリPassbook」に「iTunes Pass」を登録
②Apple Storeに行き、スタッフさんに「iTunes PassでApp Storeに入金したい」と伝えiTunes Passを見せる
③チャージしたい金額をそこで直接支払う

これだけです!
では。ここからはその手順を詳しくご説明します♪

いつでも使えるように設定してみよう

まずは①標準アプリ「Passbook」に「iTunes Pass」を追加してみましょう!

2014_07_16_iTunesPass02

App Storeをひらき、一番下までスクロールしたら「コードを使う」をタップします!

そうするとiTunesコードを使う画面にいくと思うのですが、ここでiTunes Passの中の「利用を始める」をタップします!

2014_07_16_iTunesPass03

そうしたら、「iTunes Pass」を「Passbook」に追加

2014_07_16_iTunesPass01
2014_07_16_iTunesPass04

追加できたら最後に画面右上端の「完了」をタップして終わりです!
ね、カンタンでしょ(・∀・)b

実際に使って入金してみよう

このiTunes Passを使って実際にApp Storeに入金するには、Apple Storeの店舗に行く必要があります!

本来は、Apple Storeで何か買うついでに…というのが正しい使い方な気がしますが、今回は入金のためだけに実際にApple Storeに行ってみました♪

2014_07_17_itunespass02

では、②スタッフさんに「iTunes PassでApp Storeに入金したい」と伝えiTunes Passを見せる、を実践してみます!

Passbookを起動してiTunes Passを表示させたら、スタッフさんにiPhoneの画面を見せるだけ!

2014_07_17_itunespass01

するとスタッフさんが専用の端末を使ってiTunes Passのバーコードを読み取ってくれますので、入金したい金額を伝えてその場で支払います!

下は100円から、上は50000円まで入金可能!支払い方法は現金かクレジットカード
今回は試しに100円を入金しました!

2014_07_17_itunespass03

支払いが済んだ直後にはもう入金されているとのことなので、レシートをもらった直後にiTunes Passの右上に表示された残額を確認してみると…

2014_07_17_itunespass04

おぉーちゃんと入金されている!2245円→2345円に!
と、こんな感じで店舗で直接入金ができるんですねー!

iTunes Passを使うメリットは?

このサービスを使うメリットをまとめると…

①クレジットカードもiTunesカードも使わず入金が出来る
②入金する金額にある程度融通がきく

などが挙げられます!Apple Storeに立ち寄ることが多い方は登録しておくと便利になりますよ♪

上部へ戻る