海外に旅立つ際に絶対に気をつけるべきこと3選

小技

Settings

夏休みを利用して海外に旅立とうという方!そしてiPhoneを持って行こうとしている方!

飛行機に乗る前に、iPhoneの設定をしっかり海外旅行仕様にしておきましょう♪という訳で今回は、海外に旅立つ際に絶対に気をつけるべきこと3選をご紹介!

機内モードは常にオンに!

これ、鉄則です!行きの飛行機に乗ってから、帰りの飛行機を降りるまでは機内モードをずっとオンにしておきましょう!

wifi 2

「設定」から「機内モード」をオンにしてもよし、コントロールセンターからオンにしてもよし!

2014_07_16_JalSkyWifi02

機内モードをオンにしていてもWi-Fiは使えますので、もしインターネットをどうしても使いたくなったらWi-Fiをオンにして利用できるWi-Fiを探しましょう!

最近では飛行機の中で使える有料Wi-Fiが提供されたりもしていますよ♪
過去記事:飛行機の中でネットが使える!「JAL SKY Wi-Fi」提供開始

4Gとデータローミングをオフに!

海外にいるときに、携帯電話回線(「4G」や「LTE」など)を使った通話やメールなどのやり取りをしてしまうと、多額の通信量が発生してしまうので注意が必要!

なので、「設定」「モバイルデータ通信」「4G(3G)」オフに!

2014_07_24_kaigairyokou01
2014_07_24_kaigairyokou02

機内モードをガスコンロとするなら、この設定はガスの元栓!しっかり閉めておけば安心です。
過去記事:iPhoneのデータローミングって何ですか?

連絡を取るときはLINEなどで!

もしどうしても誰かと連絡が取りたいときには、LINESkypeなどの、電話回線でなくても通話やメッセージのやり取りができるアプリを利用しましょう!

できれば事前にデータ通信(パケット)し放題のプランにきちんと加入しているかを確認しておくとより安心です。

過去記事:海外旅行に行く前に必須な設定や予備知識をまとめて教えて!

なお、上の設定をしっかりした上でWi-Fiを使っている時に受信したものに関しては、多額の通信量がかかったりはしないのでご安心ください。

いかがですか?基本的にこの3つさえ守っていれば海外旅行も怖くないはず!( ・∀・ )ゞ

上部へ戻る