【小技】使わなきゃ損!実は知らない「辞書」の使い方と活用法!

小技

Settings

iPhoneに内蔵されている「辞書」をご存知ですか?
スグ使えるのになんだか存在感が薄い機能ですよね…(;´д`)ゞでも実は使ったらとっても便利なんですよ!

という訳で今回はそんな「辞書」機能のスゴイところを徹底解説!

2014_08_12_jisho-01

使い方は、テキストの単語を長押しで選択し、表示されたメニューから辞書をタップするだけ。
すると、検索結果が表示され、簡単に調べることができるんです!

もし、何も表示されなかった場合でも、簡単にWeb検索に切り替えられます。

2014_08_12_jisho-02
2014_08_12_jisho-03

しかもすごいのはそれだけじゃない!

例えば、iPhoneの機能としての単語と、一般的な英単語と、両方の意味を持つ言葉ってありますよね。そんな単語もiPhoneの辞書で検索してみると…

2014_08_12_jisho-04

「英和辞典」「Apple用語辞典」と2種類の検索結果が表示されます。

ちゃーんとiPhone用語もカバーしてくれる♪

2014_08_12_jisho-05

なぜこうした検索ができるんでしょう?
その秘密は、左下にある「管理」をタップするとわかります!

2014_08_12_jisho-08

そう、iPhoneの「辞書」機能には15種類もの辞典の内容が内蔵されているんですね!
この中に先ほどの「英和辞典」と「Apple用語辞典」も入っています。

右端をタップすると、他の辞典をダウンロードして追加、×で削除などのカスタマイズも可能ですよ。

ちょっとした辞書の活用法

この辞書機能は、Webでもメモでもメールでも、「テキスト」として選択できるものであれば何でも検索が可能!

なので、例えば講義や会議中に難しい単語が使われることがありますね。
そんな時はメモアプリなどに単語を入力して、辞書で検索!

2014_08_12_jisho-06
2014_08_12_jisho-07

これで難しいビジネス用語も、きちんと理解してやり過ごせるはず(笑)

いかがでしたか?
簡単にスグ使える便利な辞書は、使わないと損ですよ~!!!

上部へ戻る