【質問】いざという時にiPhoneで緊急連絡ができるって本当?

icon

トリセツ編集員によるiPhoneお悩み相談のコーナー!(。・∀・。)ノ今回はこちら!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【質問】いざという時にiPhoneで緊急連絡ができるって本当?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

通常、緊急連絡といえば電話アプリを開いて110や119と打って…だと思いますが、実はそれ以外にもいざという時に覚えておくと便利な緊急連絡方法があるんです(・∀・)

ではさっそく見ていきましょう!

やり方はiPhoneのバージョンによって少し違っていて、

iPhone7以前は電源ボタンを素早く5回押す
iPhone8以降は電源とボリュームのどちらかを同時に長押し

です!

一番上はいつもの電源を完全に落とす場合に使うスライドで、2番目の「メディカルID」が医療情報の表示、3番目の「緊急SOS」をスライドすると緊急連絡が簡単にできます!


スライドさせると警察の110番、海上保安庁の118番、火事救急の119番にかけることができるようになっています(・∀・)

ちなみにメディカルIDを表示させると、このようにiPhoneの持ち主の基本的な健康データが表示されます。服用中の薬や家族の緊急連絡先なども設定が可能です。医療従事者が本人に代わって既往症などの確認もできるようになります(・∀・)

いかがでしたでしょうか?お悩みは解決できましたか??|ω・チラッ
今回は万が一の緊急時に役立つ緊急連絡や医療データの表示方法などを確認していきました。使うことがないのが一番良いですが…念の為覚えておきましょう!(・∀・)
————————————–
皆さんが疑問に思っている【質問】ネタを募集中です(≧▽≦)iPhoneのことや、こんなアプリない?などなんでもOK!コチラからレビューに投稿してください♪
————————————–

(作成者:S・M)

この記事で紹介したアプリに関連するカテゴリ

  • キーワード表示
  • リスト表示

合わせて読みたい似てる記事