【iPhoneカメラ】iOS 8:写真も動画も「露出調整」が凄い!

小技

Camera

ついに登場したiOS8
という訳で、iOS8で追加された標準カメラや写真アプリの新機能について、解説していきたいと思いますヽ(*´∀`)ノ

今回は「露出(明るさ)」の新機能をご紹介♪

さて、今まではというと…
画面をタップして「AE(自動露出)/AF(オートフォーカス)」を同時に自動で合わせることしかできませんでした。
ご覧のように、「黄色い枠」↓だけ。

2014_07_24_cameratec-02

それがiOS8では、別々に調整が可能に!
使い方は、今までと同じようにまずは画面をタップ。
すると、フォーカスを合わせる黄色い四角の右側に「太陽マーク」のスライドバーが出現!

2014_09_24_camera-01

この「太陽マーク」が表示された状態で、画面を上にスワイプすると明るく、下にスワイプすると暗くなります。
こうして「露出」だけをコントロールすることが可能になりました♪

2014_09_24_camera-07
2014_09_24_camera-08

ということは、「露出」調整をすれば、見えない暗闇の夜景でも、見えるようにすることが出来るって事です!( ゚д゚)スゴイ

2014_09_24_camera-09

この時に、画面を長押しして「AE/AFロック」をしてから、この操作をすると、ピントがずれないので撮影しやすくなりますよ!

それから「写真/スクエア」の静止画撮影だけじゃなく、「ビデオ/スローモーション/新機能のタイムラプス」の動画撮影でも、この露出調整が可能です!
ただし、パノラマ撮影は、「AE/AF」が自動設定になってしまうようですね。

2014_09_24_camera-05

いかがでしたか?
撮影する前に、明るさを思いのままに調整できれば、あとで編集する手間のなくなるし、無駄撮りも減りそうですね!
どんどん活用しましょう~♪

皆さんが素敵な写真をたくさん撮ることができますように~♪(○´∀`)ノ゙

関連記事:
露出」についての詳細記事はこちら↓
【iPhoneカメラ】最適な明るさで自慢できる写真にしよう
ピント」についての詳細記事はこちら↓
【カメラテク】第2回 写真が激変!?簡単ピント合わせのコツ!

上部へ戻る