【iPhoneカメラ】iOS 8:過去の写真はどこへいった?

小技

Images

皆さんはiOS8にアップデートしましたか?
これによって写真やアルバムも一新。
「カメラロールが無くなった!過去の写真はどこ?」Σ(||゜Д゜)
と、戸惑っている方が多数いるそうですね!

2014_10_01_iphonecamera-01

そこで今回は、iOS8で変わった「写真」を解説したいと思います!

まず、これまでアルバムにあった「カメラロール」、「フォトストリーム」は無くなっちゃいました!

その代わりに登場したのが、「最後に追加した項目」。
これは、iPhoneに保存された日から30日以内の写真やビデオが表示される項目です。

2014_10_01_iphonecamera-02

言いかえると、保存された日から30日以上経過した写真やビデオは、「最後に追加した項目」からは消えてしまいます

「ここから消えちゃった写真はどこへ?」Σ(´Д`lll)

大丈夫です!
保存から30日以上経過した過去の写真は、画面左下の「写真」の方にありますので、ご安心を!

2014_10_01_iphonecamera-03

写真がたくさんある方は、探すのが大変!
そんな時は、新機能の「検索」を使ってみましょう。
右上の虫眼鏡マークをタップし、写真の撮影日、撮影場所、アルバム名で検索できてとっても便利♪

2014_10_01_iphonecamera-04

iOS8になって消えた項目もあれば、追加されている項目もあります!
そのひとつが「最近削除した項目」。
ここには削除してから30日以内の写真が表示されます。

2014_10_01_iphonecamera-05

なので、削除してから30日以内であれば、一度削除してしまった写真でもここから元に戻すことが可能なんです!

この削除した項目内では、よく見ると各写真に完全に削除されるまでの日数が表示されます。

2014_10_01_iphonecamera-06

30日も待たずにさっさと写真を削除したい場合は、写真を選択して、左下の「削除」をタップ。
もしくは、やっぱり削除したくない場合は、右下の「復元」をタップすると、もとに戻すことができます。

2014_10_01_iphonecamera-07

いかがでしたか?
今回の「写真」に関するアップグレードは賛否両論のようですが、次のバージョンではカメラロールが復活するなんて話も!?
せっかく撮った写真が行方不明にならないように、心配な方はバックアップをとっておきましょうね!

関連記事:
【iPhoneカメラ】iOS 8:写真も動画も「露出調整」が凄い!
【iOS8解説】その4:カメラの撮影・編集に新機能が追加!

上部へ戻る