パスワードの入力を省略できる「iCloudキーチェーン」の使い方

小技

iCloud

一度入れたパスワードを記憶して次回からの入力を省略してくれる機能「iCloudキーチェーン」
今回はそんな「iCloudキーチェーン」のオン・オフの方法をご紹介します!

2014_10_06_keychain01
2014_10_06_keychain02

やり方は簡単です!
「設定」から「iCloud」「キーチェーン」をタップし、Apple IDでサインインしてオン・オフを切り替えるだけ!

2014_10_06_keychain03
2014_10_06_keychain04

オンにしておくと一度入力したパスワードを自動で記憶し、二回目以降は入力する際キーボードに「パスワードを自動入力」という項目が表示されるようになります!

これをタップするとIDとパスワードが自動で入力され、再入力の手間を省いてくれるんです。

2014_10_06_keychain05

メリットとデメリット

この「iCloudキーチェーン」という機能にはメリットデメリットがあります!

例えばiPhoneからAmazonでお買い物したい時、いちいちパスワードを入れてログインしないといけなくて面倒…なんて悩みを抱えている方にはありがたい機能ですよね♪
パスワードを入力する面倒を省ける、これがiCloudキーチェーンを使うメリットです。

ただしパスワードの入力を省略するということは、「貴方のiPhoneさえ持っていれば誰でも貴方のアカウントにログインできてしまう」という危険性もはらんでいます。
つまりプライバシーの侵害に遭いやすくなる、これがデメリット!

なので、iPhoneを紛失しやすい人などはオフにしておくのがよいでしょう♪
自分のiPhoneの使い方に合わせて、オン・オフをしっかり管理しましょう!

上部へ戻る